日常

2016年ベストガジェット!2016年に手にしたガジェットで良いものをご紹介!

 投稿者:

スポンサードリンク

_mg_7091

今年使ったガジェットの中で一番良かったものは?ベストガジェットをご紹介!

2016年も残すところ数日となりました。

皆さん今年に悔いはないでしょうか?

私は今年の支払いを来年に持ち越すことになったり部屋の掃除が済んでなかったりと悔いしか無い気がします・・・

それはさておき、2016年も様々なガジェットを手にしました。
その中でも特に良かったと感じる物をご紹介したいと思います!

では行ってみましょう!
2016年ベストガジェット!

スポンサードリンク

第5位 Apple MacBook 12インチ 2016 Early

外で記事を書く際には欠かせないノートPCです。

去年まではMacBook Pro Retina 13インチ 2013Lateを使っていましたが、そんなにマシンスペックが必要な作業を外でしないことを再確認し、より薄くて軽いMacBook 12インチに買い替えました。

私が持っているのでMacBook 12インチの2世代目となる2016 Earlyです。

何と言っても薄さと軽さがいいですね!
場所を取らないのでとりあえずバッグに入れて毎日持ち歩いています。

重さも本体のみであれば920gとかなり軽量で、気に入っています。
私は傷がつくと精神的に辛いのでクリアケースと液晶保護フィルムを装着して使っていますが、それでも重さは1.1kg程度とかなり軽量です。
MacBook Proだと1.57kgもあったので約470gも軽くなりました。

たかが470gと言われればそこまでですが、毎日持ち歩くのでこの470gは非常に大きいです。

500mlのペットボトル1本くらい軽くなりますからね・・・

また懸念してたパワー不足もそれほどなく、ほとんどストレスを感じません。

Chromeで記事を書く、Lightroomで写真を補正する、Photoshopで写真を加工するなどは特に待たされることなどなくスムースにできます。

これからもブログの記事作成に役立ってくれるかと思います。

第5位になった理由

使用頻度はそこそこ高く文句もないのですが、あくまでもMacBook Proの置き換えとして使っているので目新しさなどは薄いので5位としました。

あと高いですしね・・・

次は新しくなったMacBook Pro 13インチでも欲しいですね。

関連記事

以前から持ち歩きブログを書いたりするのにハイパワーなノートPCを求め、最初はASUS K550CA、その後富士通のLIFEBOOK、Apple MacBook Pro Retina
みなさんはどんなパソコンを使っていますか?私は普段は自室にある自作PCを使っています スペックは悪くはないですが、特別良いわけではないですが快適に使えていますノートパソコン
MacBookは薄くて軽く、パワフルなノートPCですよね!もともとはMacBookはあまり好きではありませんでしたがMacBookを実際に使ってみると結構利点が多く、非常に気に

第4位 Xiaomi Mi5s Plus

第4位はまだブログでレビューしていない端末ですが、Xiaomi Mi5s Plusです。

実はGearBestさんよりご提供いただいているのですが、まだ時間が取れずにレビューが書けていません。

近々公開予定なのでよければそちらもご覧ください。

Mi5s PlusはXiaomiのフラッグシップシリーズであるMiシリーズのハイエンドファブレットです。

CPUはSnapdragon 821搭載、RAM 4GB(128GBモデルは6GB)とかなりハイエンドな端末です。

現在メイン端末として運用中ですが、スペックも申し分なく、カメラもデュアルレンズで色鮮やかに撮影可能です。

またCAやVoLTE対応など通信周りも非常に強い端末です。

まだ使いだして1ヶ月も経っていませんが、非常に魅力的な端末だと感じました。

第4位になった理由

まだ試用期間が短いのと魅力的ではありますが、微妙な点も存在します。
なので今回は4位となりました。

あとは国内で安心して使える端末とは言えませんしね・・・

それでも今年に提供していただいた端末の中では1番良いと思います。

第3位 Bose QuietComfort 35

Bose QuietComfort 35が3位にランクイン。

このヘッドホンは非常に高価なヘッドホンですが、それに見合った機能を持っていると感じました。

ノイズキャンセリング機能が非常に強く、電車内などでその威力を発揮します。

SONYのノイズキャンセリングも優秀ですが、個人的にはBoseのノイズキャンセリングの方が好みですね。
雑音の音量が2段階くらい下がるような感じのノイズキャンセリングです。

また音質も申し分なく、低音はもちろん高音もしっかりと出ているのどんな曲を聞く場合でも心地よく聞くことが出来ます。

ノイズキャンセリングは皆さんにもぜひ体験していただきたいですね!

またBluetooth接続で手軽に接続できるのも特徴の一つです。

第3位になった理由

頂いてからしばらくは使っていたのですが、持ち運びが楽なヘッドホンとは言えイヤホンの方が身軽なのでいつの間にかイヤホンにシフトしていました。

最近では家でのみ使っているので3位とさせて頂きました。

関連記事

ノイズキャンセリングでまるで別世界に飛ばされたかのように・・・ オーディオ老舗のBoseが手がけるQuietComfort 35のレビューです!以前からこのブログでは様々な

第2位 Xiaomi Mi Band2

GearBestさんよりご提供いただいたウェラブルデバイスです。

Xiaomiが販売している非常に小さく軽いバンド型デバイスで、加速度センサーや心拍センサーを搭載しています。

これをつけて生活するだけで簡単に生活ログが取得可能なので非常に重宝しています。

ログを取って何をするというわけでもないですが、自身の生活習慣を知ることができ、今後の生活習慣改善に一役買っています。

スポンサードリンク

睡眠ログを取れるのが個人的にすごく便利で、「今日はしっかり寝れたな」「あんまり寝れなかったな」と通学中の電車の中でログを見ています。

液晶画面を搭載しており、時間や歩数を見たりすることが出来ます。
の割に電池持ちが非常によく、1ヶ月に1回位の充電で十分なのも良いです。

スマートウォッチを買おうか迷っている人ならMi Band 2を検討してみても良いかもしれません。

第2位になった理由

生活習慣を変えるきっかけにもなったデバイスなので2位となりました。

毎日の歩数や睡眠のログを見て自分が運動不足で寝不足化を再確認できました。

発売当初は5000円程度と結構高かったですが、今となっては3000円程度で購入できるので気になっている人はこれを機会に検討してみてください。

関連記事

中国、Xiaomiから新たなウェアラブルデバイスが発売されました!その名も「Mi Band 2」一体これが何なのか、何ができるのかをご紹介します!そもそもウェアラブルデ

第1位 HUAWEI Nexus 6P

栄えある1位に選ばれたのはHuawei Nexus 6Pです!

Google製のスマートフォンで最新のAndroid OSを使うことが出来ることやカメラの綺麗さがポイントです。

CPUは少し古めのSnapdragon 810ですが、性能は十分で通常使用では特に問題ありません。

またRAMも3GBですが、重い作業をしない限りは特に気になりません。

カメラはかなり気に入っていて、Huawei P9などのデュアルレンズと比べると見劣りするかもしれませんが、シングルカメラではかなりクオリティが高いと思っています。

ピクセルサイズが大きく、センサーサイズもかなり大きいので解像感とボケの両立が出来ています。

その他いろいろな規格にも対応しており、中華スマホのように安くはないですが、主要な機能は一通り搭載しているのが良いですね!

最近Android Payを試そうとしてFelicaがついていないことを思い出したのですが、悔しいのはそのくらいですね。

個人的に使っていてストレスフリーな端末です。

私はSoftBank版を所持しています。

第1位になった理由

なんと言ってもカメラがすごい!
iPhoneやXperia、Huawei P9なども綺麗と言われていますが、Nexus 6Pのカメラはすごく好みです。

撮って出しの補正がガンガンの写真で綺麗なのは当たり前だと思うのです。

iPhoneやXperiaは補正が強めでディテールなどを考えていない・・・
※個人的見解です。

Nexus 6Pは撮って出しだと少し物足りない感じがしますが、ズームすると細かい場所の解像感などが非常に良く、後で補正をしやすい写真が撮れるイメージです。

そんなカメラに今年2月末に買ってから何回も驚かされましたので1位となりました。

関連記事

Nexus 6P
今月まだ端末を買っていないtomokinです最近は端末を買うお金もないくらいには金欠なのでしばらくは新しい端末は買えませんね・・・と言いつつNexus 6Pを2ヶ月前にソフ
前回の続きです NexusのフラッグシップNexus 6Pがやってきた!~ファーストインプレッション編~気になるカメラ性能大型SONY製センサーは伊達じゃないhtt
Nexus 6Pで撮影した写真の作例集です。 で元サイズ画像を表示できます。 顔などが写っているものはぼかしだけ入れています。 それ以外は無加工です。このページの素材に限っては

番外編 Realforce108UDK(等荷重 ALL30g)

ガジェットからは少し外れるということで番外編とさせて頂きました。
高級キーボードのREALFORCEです。

今年の6月頃に購入し、半年ほど使っています。

ブログを書く他にもキーボードでの入力が多いのでこういったキーボードは手放せません。

個人的には等荷重のALL30gが一番しっくり来ています。

快適すぎて他のキーボードだとイライラするくらいには快適に使っています。

最近では卒業研究が始まり、プログラムを書くことが多いので学校に持っていったりもしています。

文字をたくさん打つ人はぜひともREALFORCEを使ってほしいですね!

関連記事

最近私は環境への設備投資を心がけています。何の環境?って思われる方もいらっしゃるかと思いますが私の指す環境とは「作業環境」です。情報系の専門学校に通い、IT企業への就職が決
ライターのきせのんさんにREALFORCE アンバサダーミーティングへ取材に行っていただきました。 今回の記事はそのレポートです。関連記事 https://tomokin-
皆さんはどんなキーボードをお使いですか?私は以前にも記事にしましたが、REALFORCEという高級キーボードを使用しています。一番安いモデルでも15000円、高いモデル
REALFORCE RGBの専用ソフトで何ができるの?気になる部分をレビュー!遂に発売されたREALFORCE RGBですが、前回のファーストインプレッションの続きでREA

まとめ

今年のガジェットはカメラが充実?

今年のガジェットはカメラが充実していた様に思います。

各社がデュアルカメラに凝って、様々な機種をリリースしました。

私もHuawei P9欲しかったですが、金銭的に買えずに少し悔しい思いをしましたが、Mate9がリリースされるとそっちが欲しくなったのでMate9の値段が下がってきたら買いたいと思います。

中華スマホに触れた1年

今年は初めて中華スマホと言うものを真剣に使いました。

提供品なのであまりいい過ぎると買ってないのにとか言われそうですが、それでも私にとっては非常に貴重な経験となりました。

自分でこういうこと言うと色々突っ込まれそうですが、懐かしさを感じました。

色々試行錯誤して使いやすくカスタムするAndroidの楽しさを思い出させてくれたように思います。

最初に触ったAndroidスマホであるISW11HTはRoot化して色々弄って楽しんでいましたが、いつの間にか弄る必要なく箱出しそのまま使える機種が多くなり、Androidスマホのカスタマイズという楽しみを忘れていたように思います。

中華スマホではそんな忘れていたカスタマイズを思い出させてくれたような感じがしました。

もちろん日本キャリアから発売されている箱出しそのまま使える最近の機種の方が絶対にいいのですが、なんかこう色々弄って思い通りになったときの達成感みたいなものが中華スマホには残っている気がしました。

来年買いたい物

来年こそはメインPCを新調したいですね。

そろそろグラフィックボードが力不足だと感じてきましたし、そもそもRAMが足りなく感じてきたのでGPUとRAMだけ替えても良かったんですが、どうせなら新調したいと考えています。

新調するには80万円ほどかかる試算なので来年からは社畜でバリバリ稼ぐしか無いですね。

スマホに関してはXperiaとGalaxyを1機種ずつ持っておきたいなぁと考えています。

あとは今年末に発売されたHUAWEI Mate9はグッと来たのでぜひとも購入したいですね!

今回はここまでです。
ではまた!

スポンサードリンク

-日常
-, , , , , , , ,