10秒チャージで10分集中?電子カフェイン吸入器を試す

皆さんカフェインは好きですか?

私は結構好きで、コーヒーやモンスターエナジー、その他エナジードリンクというのを結構飲みます。
もうなんというか、カフェインの入ってるものが好きというよりかはカフェインそのものが好きという感じ・・・・

そんな、自分みたいなカフェイン好きには堪らない一品を買ったので、そのレビュー記事です。

EagleEnergyに似たカフェイン吸入器NutroVapeの記事はこちら

吸引するカフェインで作業効率アップ!タウリンも入っているカフェイン吸入器でリフレッシュ!

スポンサードリンク

1. カフェインについて

効能

カフェインは主に興奮作用を持ちます

これにより覚醒作用や解熱、鎮痛作用、強心作用、利尿作用があるらしいです。

主に眠気覚ましとして使われることが多いですよね。
眠い時にブラックコーヒーを飲んだりするのはそのためですね。

ブラックコーヒーはカフェインを多く含んでいます。
眠い時にどうしても作業をする時は、ブラックコーヒーを飲んだりしますよね。

副作用

そんなカフェインですが、もちろんながら副作用もあります。

副作用は不眠、めまいなどがあります。

また体内のカフェインの量が減っていく際には頭痛や集中できない、疲労感などが発生します。

その為カフェインは適量を適度に取るのが大事ですね。
適量だと副作用も非常に軽く気にならない程度で済みます。

依存性

カフェインには依存性があります。

といっても麻薬などとは違い、精神的な依存だそうです。
カフェインが取りたくて仕方なくなったりはしないので、それほど気にする必要はないですね。

ただし、依存は良くないので取り過ぎないことが賢明です。

あまりにも摂り過ぎると中毒死もありゆる

カフェインは上手く使えば作業効率アップ、眠気すっきりで作業が捗りますが、摂り過ぎは身体に悪いだけではなく最悪死に至ります。

最近でも、日本で初となるカフェイン中毒で死者が出ていたように思います。

何でもそうですが、摂り過ぎは良くないですね。

2. Eagle Energy Vapor

EagleEnergyVapor

カフェインを摂取するための電子タバコ

一応カテゴリ的には「電子タバコ」にカテゴリされます。

カフェインをリキッドから抽出して、水蒸気化、それを肺から摂取する感じですね。

動作原理は、電子タバコそのものです。

18歳未満は使用禁止

法的に問題はなさそうですが、メーカーは18歳未満は使用禁止としています!

なので18歳未満の方は使用、購入をしないでください。

恐らく健康に害があるわけではないですが
当ブログは使用して、何かあっても責任は負えません

自己責任でお楽しみください。

肺から水蒸気化されたカフェインを摂取

Eagle Energyは、水蒸気化したカフェインを肺から摂取するので、非常に効率良く摂取できます。

また、摂取から効果が出るまでの時間が短く、即時性にも優れているのが特徴です。

外観

_MG_4337
外箱はこんな感じです。
今回は3本入りパックを買いました。

_MG_4338
裏面もこんな感じで、箱だけ見るとお菓子にしか見えないくらいのシンプルさです。

_MG_4340
中には3本のEagleEnergyが入っています。

_MG_4341
1本、取り出してみました。
先端と吸口にシリコン?製のキャップが付いているだけで、梱包はされていませんでした。

_MG_4342
先端はこんな感じです。
吸うと青いLEDが光ります。

_MG_4343
吸口はただ単に穴が開いているだけです。
タバコを吸ったことないのでなんとも言えないですが、見た感じは電子タバコという感じはしません。

効果はいかに・・・

いろいろなレビューを見ていると「5回位吸うと目が覚めてきて作業に集中できます!」となんだか胡散臭いですが、早速使ってみました。

効果はかなりありますね!

「おめめぱっちり!寝れない!」
という感じではないですが、眠いけど寝れないみたいな状態になります。

スポンサードリンク

そうですねぇ・・・
徹夜明けの眠気を耐えて、目が冴える現象に似ている気がします。
(そういう経験のある人は多いと思います・・・・自分だけじゃないよね・・・?)

煙も出る

正確には煙ではなく、水蒸気が出ます。
そのため、遠目に見るとタバコにしか見えません!

というか、近くでも見ても「なんか変な柄がついたタバコだなー」って感じですね。

ですが、普通のタバコと違うところは、タバコ本体からは煙が出ないとこです。

匂いや味

pic11_l_01

タバコ特有の匂いはしません。

タバコを吸ったことがないので味はわかりませんが、恐らく喫煙者の方からすると空気を吸ってるも同然だと思います。

味などは特にないのですが、ココアシガレットの様な風味がします。

一応タバコ、吸うときは喫煙所へ

-shared-img-thumb-PAK75_kinentabako20141108122754_TP_V

カフェインが出るだけの吸入器ではありますが、電子タバコに変わりはありません
匂いなどが無くても扱いは電子タバコなので、マナーとして喫煙できる場所で吸いましょう

3. 良い点

紛らわしい操作は要らない

このEagle Energyは、簡単な操作で使うことができます。

タバコのように火をつけたりする必要もなく、カフェイン錠剤の様に水を用意する必要もなく・・・・
難しい操作は全く必要ありません。

キャップを取って吸うだけ

本当にこれだけです。

1本で約500回吸える

たったの500回?って思うかもしれませんが、10回〜20回吸えばやる気になれるそうですので、50セット〜25セット吸うことができます。

つまりはタバコ換算で50本とすると、タバコが1箱(20本)430円ほどなので2箱半で1075円ですね
Eagle Energyは1本あたり約1000円です。(為替に左右されます)

なのでEagle Energyはタバコとコスト的にもあまり変わりがないことがわかります。

そのためコストを気にすること無く吸うことができます。

4. イマイチなポイント

説明しづらい立ち位置

これは電子タバコなのですが、18歳以上であれば吸えるものですし、法律的には問題ありません。
ただ普及しているわけではないので「それ何吸ってるの?」と聞かれた時に説明が非常にしづらいです。

一言では言い表せないのでその点はめんどくさいですね。

送料が高い

上で「コストはタバコと変わらない」と言いましたが、それはあくまでもEagle Energy単体での話です。
もちろんながらEagle Energyは海外から発送されるので、送料が結構かかります。

10本セットだと送料が無料になるそうですが、3本セットだと送料が1800円ほど掛かってしまうのでコストは少し上がります。

Amazonなどの輸入業者から買っても値段は特に変わりはないのでそこは仕方ないですね。

2018/12/13 追記
日本法人が出来たらしく、日本のAmazonや楽天市場から購入可能となっています。

軽度ですが離脱症状がある

離脱症状とは、カフェインが体内から抜ける際に起こる症状です。

これはEagle Energyに限らず、カフェインを取れば起こる症状なのですが、軽い頭痛不快感 等です。

カフェイン錠剤や、エナジードリンク等の飲み過ぎよりは離脱症状はかなり軽いですが、少しはあります。

「カフェインを取りたいけど取ると頭痛する」みたいな人が使うと頭痛を軽減できるとは思いますが、消えるわけではないことは認識しておいたほうが良いと思います。

5. まとめ

カフェインで起きるのではなく、休憩で起きる感じ

しばらく使ってみて感じたのですが、カフェインを摂取して目を覚ますというよりかは、Eagle Energyを吸いに外に出てリフレッシュして眠気が覚めるというほうが強い気がしますね。

イマイチ作業が進まない時に休憩として吸っています。

吸いすぎ注意

Eagle Energyは、少量で効き目があるカフェイン吸入器ですが、カフェインしか含まれていないので吸っている感覚はストローで空気を吸うのと変わりないです。

タバコを吸っている友達に吸ってもらったところ、タバコは吸ってる感覚がするらしいのですが、Eagle Energyは全然吸っている感覚がしないと言っていました。

特に喫煙者の方だと吸いすぎる可能性もありますね・・・

Amazonで購入可能

日本法人が出来たらしく、Amazonや楽天市場で購入可能となりました。

輸入となるとハードルは高くなりますが、Amazonであれば気軽に買えるのではないでしょうか?

EagleEnergyに似た、カフェイン吸入器NutroVapeの記事はこちら。

吸引するカフェインで作業効率アップ!タウリンも入っているカフェイン吸入器でリフレッシュ!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.