Android Android Wear G Watch

Android Wearを最新バージョン5.1.1へアップデートしてみた!

2016/03/28  投稿者:

スポンサードリンク

どうもtomokinです
実は自分は詳しくは知らなかったのですが、いつの間にかAndroid Wearのバージョンが5.0.2から5.1.1に上がっていたので早速 LG G Watchで色々試してみました

  1. スマートウォッチの仕組み
  2. 今回のアップデート内容
  3. まとめ
スポンサードリンク

1. スマートウォッチの仕組み

一言で言うと通知時計

スマホの通知を本体から受信し、知らせてくれる腕時計だと考えればいいです
そのため、あまりスペックは高くなく、電池持ちや発熱を考慮して性能が低めのCPUと512MB程度のRAMで構成されています

スマホがあってこそのスマートウォッチ

スマートウォッチは単体では一部機能しか使えません
ですがスマホとBluetooth接続することで多くの機能を使うことが出来ます

さらにスマホと同じくアプリをインストールすることが可能で、いろんなアプリを動かすことが出来ます

毎日充電しないとダメ?

結構気にする人も多いと思いますが、そんなに気にしなくても大丈夫です
自分の使い方であれば2日〜3日に1回で事足ります
それでもめんどくさい方は普通の腕時計をオススメします・・・

所詮は腕時計なのでそんなに何か処理をしたりということは少ないのでスマホみたいに毎日充電しなくてもなんとかなります

Apple WatchとAndroid Wearどっちがいいの?

どっちがいいとかは特に無いです
どちらも通知時計と考えてください

あとはお使いのスマホに合わせてiPhoneならApple Watch、AndroidならAndroid Wearという感じですかね・・・

2. 今回のアップデート内容

UIが大きく変化!

今までのUIは使いにくく、あまり好評ではなかったのですが、今回のアップデートでかなり変わりました
非常にアクセスしづらかったアプリ一覧などにすぐにアクセスできるようになりました

Android Wearでのスクリーンショット2
文字盤をタップするとアプリ選択画面になります

Android Wearでのスクリーンショット3-2
アプリ一覧からさらに左にスワイプすると最近使った連絡先が表示されます
ここからすぐにリダイヤルできるようになっているようです

Android Wearでのスクリーンショット4
その状態から更に左へスワイプすると以前のバージョンでタップしたのと同じ画面になります

また設定では・・・

Android Wearでのスクリーンショット7
フォントサイズの変更に対応しました
文字は小さい、普通、大きいの3サイズから選べます

また、その下の手首の操作というのが下でも書きますが、ジェスチャーの切り替えです
これはかなり便利です

Android Wearでのスクリーンショット8
またユーザー補助という項目や画面ロックという項目が増え、よりAndroidに似てきたように思えます

通知を本体に触れずに見れるようになった!

以前は時計盤を表示している際には下の方に通知のタイトルだけを表示していてそれを上にスワイプすることで通知を見ることが出来ました
また次の通知を見る際には上方向にスワイプすることで次の通知を見ることが出来ました

ここで気づいた方も居るかもしれないですが、スワイプ必須なのです!
通知を時計で受け取るのはいいんですが、結局スワイプしないと見れないので両手が塞がるんですよね・・・

それが今回のアップデートで時計に触ることなく、簡単なジェスチャーで通知を次へと送れる機能が付きました!

Android Wearでのスクリーンショット8
フォントサイズの下の手首の操作をONにすると有効になります

スポンサードリンク

こんな感じで通知を次へ送れます
動きがぎこちないのは慣れないからです(^p^)

下の通知を見たいときは手首を素早く外側に回転させ、ゆっくり戻します
上の通知を見たいときは手首を素早く内側に回転させ、ゆっくり戻します

これはかなりすごいです

スマホなしでも通知を受け取れるようになった!

これは一部機種のみですが、スマホなしでも通知を受け取れるようになりました

スマートウォッチは基本的にBluetoothでスマホを接続しますが、一部機種にはWi-Fiがついてます
Wi-Fi搭載機種のみではありますがバージョンアップにより、スマホなしで通知が受け取れるようになりました

セキュリティ性の向上

AppleWatchでは初期搭載のロック機能がようやくAndroid Wearにも付きました
AppleWatchではPINコード入力だったようですが、AndroidWearではパターンロックを搭載しました

Android Wearでのスクリーンショット8
設定から画面ロックをONにします(画像下の項目)

Android Wearでのスクリーンショット9
「時計を外したあとに自動的にロックしますか?」と聞かれるのでOK(右のボタン)を選択

Android Wearでのスクリーンショット10
すると9個の点が出てきますので好きなパターンを登録するだけです

Android Wearでのスクリーンショット11
今回はこんな感じで設定してみます

Android Wearでのスクリーンショット12
今回はすぐにロックしたいのでパターン設定後に設定から「画面を今すぐロック」を選択

Android Wearでのスクリーンショット13
すると文字盤から操作する際にパターンロックの解除を要求されます
一応文字盤も見えますが、アナログ系の文字盤だとかなり見難くなる気がします・・・・

これで外で紛失してしまっても多少のセキュリティを確保できます

まぁ落とすことなんてまず無いですが・・・

心なしか軽くなった

これは自分の感想なのですが、心なしか動作が軽くなった気がします
以前の5.0.2では動作が重くなったりすることが結構あったのですが、5.1.1になってからはそういったことが無いです!
おそらくですが動作の安定化も図られています

3. まとめ

かなり使いやすくなった

購入当初からほぼ毎日身につけているのですが、ほぼ腕時計としてしか使っていません

というのも通知を見るにもスワイプしないと見れないだとかで操作が非常に面倒だからです

そのため今回のアップデートで通知を見る頻度が上がれば・・・と思っています

起動も早くなった?

アップデート後一度再起動したのですが、起動も早くなっていた気がします
気がするだけかもしれないですが・・・・

スマホの電池消費も多少マシになった?

以前から自分の使っているNexus5だけかもしれないですが、Bluetooth接続に電池をかなり搾り取られていました
さらにAndroid Wearのアプリも結構バッテリー消費します・・・

ですが5.1.1になってから電池消費が緩やかになった気がします
まだ1日も経っていないので正確にはわからないのでしばらく使ってみてからという感じですね・・・


今回はここまでです
ではまた!

スポンサードリンク

-Android, Android Wear, G Watch
-, , , , , ,