Windows10が発表! 早速インストールしてみた

Windows
スポンサードリンク

どうもtomokinです
ちょっと前にMicrosoft社より次期オペレーションシステムであるWindows10が発表されました

実は去年の12/4よりTechnical Preview版(TP版)が公開されていました

そんなWindows10がついに公式発表されました

1. Windows10の特徴

今回Windows10を語る上で外せないのが「無償化」です

Windowsが無償化?

以前Windows8がリリースされた時もWindows7のライセンスがあればアップグレード版(3000円ほど)を購入し、Windows8にアップグレードできるというものがありました

そしてWindows8のライセンスを持っている人にはWindows8.1を無償で提供、最近ではベンダーに向けてだけですが検索エンジンをBingにすることを規約に盛り込んだWindows8.1 with Bingなんてバージョンも有ります

なので無償化は至って普通になっていますが、今回は少し訳が違います

今回は「Windows7 Windows8 Windows8.1のライセンスを持っている人にはリリースから1年間、Windows10に無償でアップグレード出来る権利が発生する」というところです

以前の8→8.1などはService Packのような感じでしたし、Windows8.1 with Bingに関しても条件ありで、ベンダーにのみ提供でした

ですが今回は「ユーザー向け」なのです

不評だったMetro UI (Modern UI)の改善

8で不評だったMetro UI(Modern UI)が改善されました
※Metro UIとは8のスタートメニューの様なUIを指します

20150127090641

Wikipediaより引用

こんな感じのUIですね
シンプルではありますが7以前からのユーザーからは使いにくいととても不評でした
7風のスタートボタンを再現するソフトも販売されるほどでした

MicrosoftはタブレットとデスクトップのUIの統一を目指していたようですが、失敗に終わりました
せめて以前のようなスタートとMetro UIを切り替えれるようにすれば7以前からのユーザーにも受け入れられたのかもしれないですね

Windows10でもMetro UIは無くなってはいない

実はそんな不評だったMetro UIはWindows10でも無くなっていません
引き続きMetroUIを採用しつつも、なるべく7に近づけた感じになりました
もうMetroUIなくせばいいのに・・・

どう変わったか

スタートメニューは7のように左下に展開する形にも出来るようになりました
※8のように全画面に表示にも簡単に切り替えれます
そのスタートメニューの横にMetroUIのタイルが幾つか並んでいるという状態ですね

その他にも細かい機能はありますがとりあえずインストしてみましょう

2. 実際にインストールしてみる

Windows10はまだ発売はされていません
もっと言うと自分はMicrosoftのお偉いさんでもないのでWindows10を持っているはずはないのです
ならなぜインストール出来るのか

それはTechnical Previewと言うものです
これは名前通り正規版では無いです
ゲームとかでもたまにあると思うのですがαテストやβテストなどと呼ばれる物ですね
ユーザーに使ってもらって最終調整するという感じですね

では早速インストールしていきましょう

インストールに必要な物

  • ISOファイルを書き込む媒体(仮想の場合は不要)
  • インストールするPC(仮想環境でもOK)

インストールするのには4GB以上のUSBメモリDVDが必須です
USBメモリであれば8GBあれば余裕で足りますが、自分は16GBのUSBメモリで実行しました

またポータブルHDDやSDカードでも可能なはずです

後はインストールするPCですね
これは実際に用意する必要はなく、仮想環境でもOKです

今回は別にPCを用意してインストールしていきます

PCのスペック
CPU Pentium G860
RAM 4GB
マザボ GIGABYTE Z77P-D3 rev. 2.0
ケース DALTEL?以前使っていたケース
電源 ケース付属 400W
HDD 250GB x2

Technical Preview版のダウンロード

まずはMicrosoftの公式ページからWindows10のTechnical Preview版のISOファイルをダウンロードします
以前から公開されていたのですが、今回の正式発表と同時に日本語も追加されました

Windows 10 Technical Preview – Microsoft

上記リンクに飛びます

20150130091848

ページの真ん中くらいにあるDownload linksからJapaneseを選択
※日本語以外もインストール可能なので英語が得意な方は英語版でも問題はありません

20150130091849

するとエディションという画面が出てきます
ここでは32bit64bitとの選択ができます
CPUが対応している方を選びます
わからない方はとりあえず32bit版を選んでおけば問題はないです

ちなみにx86が32bit、x64が64bitです

jap

Downloadリンクをクリックすると勝手にDownloadが始まります
後はじっと待つだけです
結構サイズがデカイので回線によっては時間がかかる可能性があります
※参考までに160MbpsのCATV回線で約15分ほどでした

USBメモリ、DVDなどの媒体に焼く

DVDは焼くと良く言いますね
自分はUSBでも焼くと使ったりするんですが皆さんは言いませんでしょうか・・・?

とりあえず焼いて行きます
Microsoftが公式でWindows7などを復旧する目的でWindowsのブートUSBを作れるツールがありますのでそちらを使います

操作は簡単で迷うこともないかと思います

Windows USB/DVD Download Tool – Microsoft Store

まずは上のUSB/DVD Download Toolをインストール

起動します

20150129025544
まずはISOファイルを指定します

20150129025626
20150129025637
今回はWindows10のTechnical Preview版のISOを指定

20150129025643
次にインストールする媒体を指定します
今回はUSBなので「USB Device」を選択

20150129025651
ここでインストールするUSBメモリを指定します
Jはカードリーダーで何も刺さっていませんのでちゃんとしたUSBメモリを指定します
カードリーダーも認識されているのでSDカードなどにもインストール領域を作成出来るかと思います

20150129025715
今回は東芝製のUSBメモリを使用します

TOSHIBA(東芝) USBメモリー (TransMemory) USB2.0 Windows7/Mac対応 16GB 海外パッケージ品 UHYBS-016GH 並行輸入品

新品価格
¥690から
(2015/2/2 02:02時点)

20150129025730
フォーマットされていないと怒られるのでフォーマットするを選択

スポンサードリンク

20150129025736
本当にフォーマットしてもいいか?と再度聞かれるのOKをクリックです

20150129025746
書き込みが始まります

20150129031349
ゲージが最後まで行けば完成です!
Start Overは押さずにそのままウィンドウを閉じます

インストール

まずはBIOSからUSBブートが可能な様に設定します

これはマザーボードによって操作が違うので説明書等を見て頑張ってください
※今回はGIGABYTEのZ77P-D3 rev. 2.0を使います

DSC01950
GIGABYTEのマザーボードのBIOS(正確にはUEFIです)はこんな画面の表示も出来るようになっています

DSC01952
おなじみの表示変えたら・・・

DSC01953

DSC01954

DSC01955

DSC01956

こんな感じでBootの順番をUSBメモリが一番上に来るように変えます

USBブートが出来る様に設定したらあとは簡単ですね

先ほど作成したUSBメモリを挿して起動します
するとWindowsのロゴが出て来てインストール画面が出てきます

DSC01957
Windows8の様な配色とデザインになっています

DSC01958
言語やキーボードの設定を選びます
今回は日本語を選択

DSC01959
今すぐインストールをクリック

DSC01960
セットアップが始まります

DSC01961
ライセンス規約?が表示されるのでしっかり読み込んで理解、同意できたら「同意します」にチェックを入れ「次へ」をクリック

DSC01962
今回はクリーンインストールなのでカスタムを選択

DSC01963
現在のパーティションの状態が表示されます

DSC01964
一旦パーティションを全部潰してフォーマットして・・・

DSC01965
あとは適当にHDDのパーティションなどを区切ってインストール開始です

DSC01966
勝手に作業が進んでいき、再起動がかかります

ここで注意が必要です

Windows10のインストールが終わると勝手に再起動がかかるんですが、再起動されるとまたUSBからインストーラーが起動されて・・・・
それで1時間ほど詰まってました・・・・

再起動されてまたインストーラーが起動している時は電源を一旦切り、USBメモリを抜いて電源を入れ直してください

自分の場合は前のメイン機の部品や中古部品を流用したPCだったのでHDDが逝ってしまわれたのかと思い、ずっとループしてました・・・
恥ずかしい・・・・

そんなこんなでインストールが完了しました

3. 起動してみた

DSC01969
とりあえず起動してみました

DSC01970
DSC01972
DSC01973
DSC01974

最初のセットアップからですが、こちらは特にWindows8シリーズと変わりないです

ですがフォントに少し違和感を感じました

DSC01975
適当にセットアップを済ませて・・・・
とりあえずデスクトップまでいきました!
※壁紙がASUSなのはASUSのWindows8.1のノートPC(K550CA)の頃に同期されたものがそのままになっています

今は友人同士でプレイしている、Minecraftサーバーになっています


今回はここまでです
ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました