性能にも妥協なし!HP Spectre x360はBF4すら動くスペック!


かなりのハイスペックでゲームだって可能!?BF4すら動くモンスタースペック!

前回の記事でHP Spectre x360の使い心地やポイントなどをかなり書きましたが、今度はスペックについてです。

PCは日常的にいろいろな処理をこなします。

処理の種類は様々ですが、スペックが求められる作業とそうでもない作業の2種類があると思います。
今回はそんなスペックについての記事です。

スポンサードリンク

まずはスペックを振り返り

まずはSpectre x360のスペックを確認していきましょう。

ベーシックモデルスタンダードモデルパフォーマンスモデル
カラーアッシュブラック / ナチュラルシルバー
CPUIntel Core i5-7200UIntel Core i7-7500U
OSWindows 10 Home 64bit
ディスプレイ13.3インチ・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080)13.3インチ・4K・IPSタッチディスプレイ (3840×2160)
メモリ8GB メモリ16GB メモリ
グラフィックスIntel HD Graphics 620
ストレージ256GB SSD (PCIe / NVMe)512GB SSD (PCIe / NVMe)1TB SSD (PCIe / NVMe)
オーディオBang & Olufsen クアッドスピーカー
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2
サイズ/質量約 307mm × 219mm × 13.9(最薄部)-14.9(最厚部)mm / 約 1.31kg
バッテリー駆動時間約 15 時間約 9 時間
インターフェイスUSB A 3.1 ×1 、USB Type-C 3.1 ×2 (Thunderbolt 3 対応)
ペンなし同梱

ベーシックモデルでもCore i5、スタンダートモデルとパフォーマンスモデルにはCore i7が搭載されています。
非常にスペックが高く、妥協がないのがよく分かるかと思います。
またメモリもベーシックモデルで8GB、スタンダートモデルとパフォーマンスモデルでは16GBと動画編集やゲームもらくらくこなせるほどの大容量です。

ストレージの速さ

まずは気になるストレージからです。
PCのスペックを決めるのはCPUだと思われがちですが、実はストレージとRAMの容量にこだわったほうが快適な構成なのです!

CPUももちろん大事ですが、最近のCPUは昔のCPUに比べると非常に性能が高いので、CPUをそれほどこだわる必要はありません。

Spectre x360は十分なCPUパワーとRAM容量を持っているのであと気になるのはストレージの速度。
ということで早速おなじみのCrystalDiskBenchで検証していきましょう!

私の自作PCに使っているSSDとHDDのスコアも参考に載せておきます。

スポンサードリンク

自作PC PLEXTOR PX-128M5S (SATA3接続)

自作PC SSDNow UV400 SUV400S37/480G (SATA3接続)

自作PC WD30EZRZ-RT (SATA3接続)

Spectre x360 内蔵SSD (NVMe接続)

Spectre x360が私の自作機のSSDの約6倍の読み込み速度、約3倍の書き込み速度という結果となりました。

HDDと比べると違いは歴然。

SSD自体早いですが、NVMeはまじで早いです。

Spectre x360はNVMe接続のSSDを搭載し、非常に高速にデータを読み書きすることができます。
なので写真の編集、動画編集、ゲームなどにもかなりのポテンシャルを発揮することができます。

グラフィック性能

ハイスペックと聞くとBF4などの激重ゲームを動かせるか試したくなるんですよねぇ・・・

ということで早速試してみました。

驚きすぎてスクリーンショットを撮ることすら忘れていたんですが、BF4が動作しました。

中設定で30fps~40fpsほどと快適にプレイできると言うのは無理がありますが、ノートPCにしてはかなりすごいかと思います。
低設定にすれば60fpsも夢ではないかもしれないです・・・

正直「これは流石に無理だろ」って気持ちで試したのですが、いい意味で期待を裏切られました。

Minecraftなどの軽めのゲームであれば更に快適にプレイすることも可能かと思います。

まとめ

求めるものはすべて揃っている

一般的なユーザーが求めるすべてのものはSpectre x360に詰まっていると言っても過言ではないと思いました。

作業にストレスを感じないスペック、コンパクトで持ち運びにも困らない。
これって基本的なことですが、非常に重要です。

私も今まで10台近くのノートPCを使ってきましたが、安いものは所詮安いもの。

安くていいものがあることも確かですが、安いのには理由があるのも確かなのです。

今回のSpectre x360は決して安いものではありませんが、高いだけの価値は十二分にあると思います。

それだけの価値が感じられるノートPCでした。

今回はここまでです。
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)