Anker 60W 6ポート USB急速充電器を買ってみました 【YouTube動画あり】

どうもtomokinです
以前からAnkerさんの40W 5ポートの充電器を使っていたのですが、先日新商品が発売されたので購入しました

  1. Ankerとは?
  2. 今回の新製品「Anker 60W 6ポート USB急速充電器」
  3. 開封の儀
  4. 前作(40W 5ポート)からの変更点
  5. 実際に使ってみた
スポンサードリンク

Youtube動画

【開封】Anker 60W 6ポートUSB充電器購入! その1 開封編

【比較】Anker 60W 6ポートUSB充電器購入! その2 比較編

【比較】Anker 60W 6ポートUSB充電器購入! その3 充電性能編

【おまけ】Anker 60W 6ポートUSB充電器購入! その4 おまけ編

Youtubeチャンネル:tomokin Lab

1. Ankerとは?

以前から充電器やバッテリー、ケーブルなどの商品を販売してるメーカーです

品質が高くても評判もかなり高いため、元は無名なメーカーでしたが今ではかなり有名なメーカーに急成長を遂げました

どんな製品を出しているの?

モバイルバッテリー

Astroシリーズを展開しています

Amazon : Anker Astroシリーズ

サイズも様々で種類豊富なので自分に合ったバッテリーを探すことができます

充電器

今回買った物もそうですが高出力、ポートが多いという理由からかなり便利です
Ankerといえば充電器という方も少なくはないはずです

Amazon : Anker 充電器

ケーブル

充電器やバッテリーのみならずケーブルも作っています
ケーブルも高品質な割に安いという理由から結構人気です

Amazon : Anker ケーブル

私もこれを愛用しています

3本セットで1000円なので1本約300円ですが、転送、充電どちらも対応している高品質なケーブルです

2. 今回の新製品「Anker 60W 6ポート USB急速充電器」

今回発売されたのは以前からあったUSB充電器の6ポートバージョンです
出力等が格段にアップしてより使いやすくなりました
DSC01898

DSC01900
色は2種類で黒と白があります
今回は1つずつ購入しました

3. 開封の儀

DSC01901
今回の6ポートからは側面に開けるために切り取る部分ができました
これだけでもかなり開けやすくなりました

DSC01902
先ほど開けた紙の裏には保証期間などが書いてあり、説明書のようになっていました

DSC01903
30日間の返品保証18ヶ月の製品保証があるようです
Ankerの製品は他にBluetoothキーボードと5ポート充電器を持っていますが、どちらも同じ保証期間でした
こういったサポートの良さも評判が良い理由の一つです

DSC01904
いつも通りのクラフト紙?のような材質の箱が姿を表します
個人的には結構お気に入りです

DSC01905
内容物はこれだけです
シンプルで必要最低限なのがいいですね

DSC01907
今回の新商品の特徴である6ポートですね
5ポート版に1ポート足しただけみたいなデザインで、とても良いです
デザインがガラっと変わってしまうとなんか違和感を感じますからね

DSC01910
黒も開封しました
良い感じですね

スポンサードリンク

DSC01911
黒と白では仕上げが異なります
黒はつや消しのしっとりした素材になっています
白はテカテカの光沢のある素材になっています
これは前作と変わりなしです

4. 前作(40W 5ポート)からの変更点

外見

大きさが一回り大きくなりましたがそれでも十分コンパクトで5ポートから乗り換えてもそこまで違和感は感じないです

DSC01914
ぱっと見はほとんどわかりません

DSC01915
DSC01916
並べてみると違いはわかりますがそこまで大きくなったわけではないので、「1ポート増えた分だけ」という感じでいいですね

DSC01917
厚みは変わりなし

DSC01918
DSC01919
DSC01920
ケーブルは変更されていました
左が5ポート、右が6ポートとなります

DSC01921
6ポートの方はこのように出っ張りがあります

DSC01922
この出っ張りのおかげで抜き差しはだいぶ楽になりました

DSC01923
細かいところですが、IQのマークの上に電源ランプが付きました
コンセントを挿し、充電器に通電していると光ります
充電中に色が変わったりはしません

スペックの違い

スペックもアップしています
主にここが今回の売りですかね

最高出力の上昇

以前の5ポートでは最高出力40Wでしたが、6ポートでは60Wにスペックアップ

さらに電流に関しても5ポート全ポート合計 8Aでしたが、6ポートでは全ポート合計 12Aに上昇しました

接続可能台数が多くなった

当たり前ですが5ポートから6ポートに増えたので最高6台の端末を充電できるようになりました
ですがポート数が増えただけはなく充電できる物が増えたのも特徴です

充電可能端末が増えた

充電可能な端末の種類が増えました
以前の5ポート版はPSVitaを充電できませんでした
ですが6ポート版からはPSVitaの充電に対応しました

以前の5ポートを使っているPSVitaユーザーの方は買い換える価値ありですね!

iPadの同時充電可能台数が増えた!

iPadの充電には2A必要です
以前の5ポート版であれば、ポートは5つあるものの、出力不足で同時にiPad 4台までしか充電できませんでした
ですが今回発売された6ポート版では12Aの出力が可能なので6ポートをフルに使ってiPad 6台まで同時に充電可能です
※理論上の話です

実際に実験してみたいところですが、iPad 6台を用意するのは難しいので断念しました・・・

5. 実際に使ってみた

ではレビューもそこそこにして早速使ってみましょう

DSC01924
今回使うのはこの100円ショップに売っている巻取り式microUSBケーブルです
10本まとめて買った時に店員さんに変な目で見られたのは内緒です

DSC01925
まずは充電器本体に挿してみます
なんか某映画に出てくる生き物っぽいものを感じます
20150121011857

ということでデバイスを繋いでいきましょう
今回使用するのは

  • GALAXY Note3 SC-01F
  • Nexus5
  • Nexus4
  • Nexus7
  • GALAXY S2 WiMAX ISW11SC
  • HTC J butterfly HTL21

の6台です

DSC01926
全て繋ぐとこんな感じです
全て正常にAC電源として充電できていました

DSC01927
ケーブルがケーブルなのでこんな感じにケーブルはごちゃごちゃになってます

では今回はこの辺で
ノシ

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.