見覚えあるような… 防水bluetoothスピーカーをレビュー!

こんにちは。Thinkと申します。

今回はノーブランド品のBluetoothスピーカーを購入したのでそのレビューです。

しかしこの商品。

どこかで見た気がするんだけどなぁ…

スポンサードリンク

どこかで見たことある防水スピーカー

ところでなのですが、私自身スマホを風呂で使うのはあまり好ましくないと考えている人間です。

もしかしたら水没するかもしれないし、防水ケータイであっても風呂から上がったあとの後処理も面倒…

しかし快適な風呂ライフのために何か楽しい物を導入したい…

というわけで防水のBluetoothスピーカーを購入しました。

今回購入したのはこちらの商品。

今回購入したスピーカー

今回購入したスピーカー

購入先はこちら

防水・安い・長い使用可能時間(公称10時間)と三拍子そろったこの商品。

こんな音箱!買わずにはいられないッ!

※ちなみに音箱は、中国語でスピーカーの意味です。

未知の品を開封!

というわけで届きました。

外箱

外箱

真っ白な箱。本当に真っ白。

外箱バーコード

外箱バーコード

はい。開封。中身はこのようになっています。今回私は緑(Army Green)を購入しました。

スピーカー箱内

スピーカー箱内

中身を取り出してみるとこんな感じ。USBケーブル・AXEケーブル・ストラップ・本体。

内容物

内容物

取り出してみるとわかりますが、何故かUSBケーブルが汚れてる…

汚れてるUSBケーブル

汚れてるUSBケーブル

サビではなくよくわからない汚れ。ちょっとマイナスポイント。拭けば取れます。なんか辛い匂いがします。

麻辣かなぁ(;・∀・)中古品の疑いがありましたが、問題ありませんでした。

しかしこれは商品管理大丈夫なんだろうかなぁ…

外観

とりあえず外観確認。まずは正面。

正面

正面

背面には何もありません。

背面

背面

上部には操作ボタンがあります。

上部

上部

下部には何もありません。

下部

下部

左部にはインターフェイスがあります。

左部

左部

開けてみるとこんな感じ。左からリセットボタン・AXE差込口・USB microB差込口。

スポンサードリンク
左部インターフェイス

左部インターフェイス

右部には何もありませんが、上の方にストラップをつけるところがあります。

右部

右部

実際に聞いてみた。

というわけでなかなかいい感じの商品が届きました。しかし音がだめでは本末転倒。というわけで仕様レポートです。

電源を入れると音がなって正面左上部のランプが青色に点滅します。

稼働時ライト

稼働時ライトは青になります。

充電時には赤色になります。充電時使用には紫色に。

充電時ライト

充電時ライトは赤になります。

稼働・充電時ライト

稼働・充電時ライトは紫になります。

若干各端子のパッキンが弱そうですが、それは注意して使用するしかない気がします。
(まあ安物なので使い捨てでしょうが…)

室内での使用感

室内での使用は至って簡単。

電源をonしてBluetooth接続するだけです。

その一連の流れとともに音量に関する比較(NEO搭載のスピーカー)を行っておりますのでよろしかったら閲覧くださいませ。

まあ比較対象がまったくもって見当違いではございますが、スマホなんかより大きな音で再生できることは間違いないです。

野外での使用感

野外での使用は近くの用水路に行ってきました。

私の家の近くに川はあるのですが、団地に小さい子供がいる関係上なかなか危ない所に近づく大人を見せては行けないので田んぼの隣の水路で撮影です。

風切り音などがすごいですが、どんな感じで聞こえるかを確認してもらえれば幸いです。

水路の水につけてもきちんと使えるので問題なし。ただタニシがいるような水路なので汚い。野外使用後はみずでじゃぶじゃぶ洗いましょう。

風呂での使用感

風呂で使用してみます。

まあ防水対応とのことで、普通にシャワーとかかけてみたりします。

シャワーを掛けてみる。

シャワーを掛けてみる。

特に問題なく音楽が再生されます。どうもこのメッシュ地の金属自体には防水効果はなく、その中身の振動板と筐体のところで防水加工がされている模様です。(実際に分解してしまったので。)

浴槽内に沈めてみたりしましたが、水が筐体内に入り込むと少し音がにぶって聞こえてくるので、防水と言ってもできるだけ水に沈めないことをおすすめします。

一回風呂で使用中に音が寸断してしまい、全く何も反応しなくなってしまったことがあり「はやくも故障か…」と思ってスピーカーを分解してみたら、なんと!

電源コードがコネクタから抜けておりました。さすが中華製品と言ったところでしょうか…

amazonを覗いてみたところ…

ところで、この商品やっぱりどこかで見たことがある気が…

というわけでAmazonで検索してみると、こちらの商品が

どう見ても今回購入した製品にロゴをつけた感じ。内容に関してもほぼ同じです。

おそらくOmakerさんは私が購入したスピーカーに自社ロゴやファッキンマーク(技適マーク)をつけて売り出している感じですね。

私自身正直購入後に気がついて、保証とか技適とかのことを考えるとこちらのほうが良かったかも…

正直Omakerさんは個人的に好きな企業(保証とかの感覚がかなりいい感じ)なので国内で購入検討されている方は、こちらをおすすめします。


今回はノーブランドBluetoothスピーカーをレビューしました。
結果としては、OmakerさんのOEM元(なのかな?)の商品を注文してたみたいなので非常に満足。

使ってみた感じかなり使いやすいので、皆さん購入しても後悔しにくいのでは無いでしょうか。

今年、私はこれ持ってバイクを操りながら海にでも行ってバカンスしちゃいましょうかね笑

ではまた~

これ以降の作業を実行することで端末が破損する可能性があります
当ブログは実行に関して一切の責任を負いません、自己責任でお願いします
当ブログは、技術基準適合証明を受けていない通信機器や違法商品の利用を勧めるものではございません。もし使用国の法律に反し使用しても、著者・当ブログ管理人は責任を負いません。
スポンサードリンク

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)