IME使いこなしてる?辞書登録で仕事効率化を図ろう!

皆さんはどんなIMEを使っていますか?
Microsoft IME?それともMS Office IME?

今回はIMEに関する記事です!

スポンサードリンク

IMEってなに?

「まずIMEってなに?」って方も多いかと思いますが、実は皆さんがPCやスマホに触れていれば自然に使っているものなのです。

IMEとはインプット メソッド エディタの略で、入力の時に使うソフトウェアの一種なのです。

例えばPCやスマホを使って検索する時はどうしますか?
大体の人がブラウザを開いて、GoogleやYahooの検索ボックスに調べたい単語を入力すると思います。

そうです、その時に日本語を漢字に変換したりするそのソフトこそがIMEです!

要は文字を変換する時に使っているソフトウェアということです。

いろいろな種類のIME

IMEと一口に言ってもいろいろな種類があって、IMEによっていろいろな特徴があります。

大体の人は元から入っているIMEを使っていることが多いですが、自分好みのIMEを見つけることができれば、更に入力や変換が楽になったりします。

なので、普段から大量の文字を入力する人にこそしっかりとIMEを選び、IMEの便利な機能を使いこなしてほしいのです。

ここでは私が普段使っているIMEを紹介します。

PC

私の場合は1日数十時間もパソコンに触れているので、PCのIMEは使い慣れたものでないと効率がかなり下がってしまいます。

そのため、Windows標準であるMicrosoft IMEではなく、より自然に変換できるGoogle日本語入力を用いています。

Google日本語入力は単純な変換のみならず、ゲームやアニメの名前、キャラの名前などもクラウドを通じて変換候補として出してくれたりもします。

Android

AndroidではメーカーごとにカスタマイズされたIMEがデフォルトでは入っているのですが、私の場合はGoogleが作成したGoogle日本語入力を「使っていました」

いましたということでわかるかと思いますが、最近まで使っていたのですが、Google日本語入力の上位互換とも言えるGboardというIMEを使っています。

GboardはIMEでありながら、検索機能があり、Googleで検索したことを直接チャットなどに入力することができます。

Gboardの入力画面

Googleロゴをタップすると検索することができる

検索結果画面

このように簡単に貼り付けることができる

そのためAndroidではGboardを使っています。

スポンサードリンク

Google Playストア Gboard – Google キーボード(ベータ版

iOS

私はiOS端末としてiPhone XとiPad Proを所持しています。
iPhoneではデフォルトIMEが日々進化しているため、正直別で入れる必要性はありませんが、更に快適に入力するためにもIMEを導入しています。

iPhone XはAndroidと同じく、Google製のGboard、iPad ProはあえてIMEを入れていません。

Gboardの使い勝手はとてもいいのですが、タブレット時の表示があまり良くありません。

スマホは日本語入力をフリック、英字入力をQWERTYキーボードを使っています。
ですが、タブレットの場合は、日本語をフリックで入力するほうが指の動きが大きくなり、打ちにくいので日本語でもQWERTYキーボード配列で入力しています。

iPad ProにもGboardを導入してみたのですが、日本語入力の際にはQWERTYキーボードの配列がずれることがわかりました。

というのも日本語独特の「ー」を多用するという点に対応すべく、キーボードの右端の方に「ー」を入れたことにより、全体的に配列がずれ、入力時にストレスしか感じなかったので、iPad ProではiOS標準キーボードを使用しています。

辞書機能使ってる?

皆さんはIMEには辞書機能が搭載されていることをご存知でしょうか?

1日数十回、数百回タイプする単語も結構あるかと思います。
そんな単語を正確に、早くタイプするためにIMEの辞書機能は不可欠です。

例えば社会人であれば誰でも一度はタイプしたことがあろうフレーズ
「いつもお世話になっております。」
「以上、よろしくお願い申し上げます。」
などなどビジネス文章に使うフレーズって無駄に堅苦しくて、長いんですよね・・・

「いつもお世話になっております。」のタイプ回数を考えてみると
「itumoosewaninatteorimasu.」
と26回もキーを押し、スペースキーを少なくても1回以上押す必要があります。

ですが、辞書に以下の用に登録しておけばかなりの短縮になります。

この用に登録しておけば、「itumo」と5回タイプし、変換するだけで「いつもお世話になっております。」という文章を打つことができます。

これは一例でしかないですが、IMEってなに?って人はぜひともこの辺の設定を見直してみてください。

仕事にも使えるかも?Google日本語入力向けの辞書を作ってみた。

ということで長々とIMEについての説明を行いましたが、完全な気まぐれでGoogle日本語入力向けの単語辞書を作成しました。

Google日本語入力向け辞書ファイル一覧

内容としては
・Appleの用語
・バンドリの用語
・モンハンワールドの用語
の辞書を作成しました。

利用は無料で、営利目的での複製、改造を伴わない範囲で使用できますので、ぜひとも利用してみてください。

まとめ

IME次第で文字入力にかかる手間は大幅に変わる

IME次第で文字入力にかかる手間は大幅に変わるということを知って欲しく、記事を書きました。

4月から新年度で進学、就職する方も多いと思うのですが、IMEによって入力の効率が大幅に変わるということを知っておいてほしかったのです。

せっかく作ったから公開したかっただけ

結論これです。
IMEの記事の需要がないことはよくわかっているのですが、せっかく作ったんだからとりあえず公開しておきたかったというだけです。

今回はここまでです。
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.