スピーカーを手軽にBluetooth化!CHOETECH BH-002 Bluetoothレシーバー

皆さん音楽はどうやって聞いていますか?

私は家ではスピーカーで、外ではヘッドホンかイヤホンで聞くことが多いですね。

みなさんもスピーカーで音楽を聞くことが多いのではないでしょうか?

いいスピーカーであればBluetoothでスマートフォンやタブレットと接続して聞くことができるものもおおいですが 、私の使っている安物スピーカーは音はそこそこいいのですが、Bluetoothなんて洒落たものには対応していません。

今回はそんなBluetooth非対応のスピーカーを簡単にBluetooth化できるBluetoothレシーバーのご紹介です!

スポンサードリンク

昔からこの手の商品はある

かなり前からこの手の商品はありますが、需要がイマイチないのか、技術的に難しいのかお値段は少し高めでした。

さらに高い割には送信のみや受信のみという場合が結構ありました。

それに評価もあまり芳しくなく、途切れるというレビューも度々見かけました。

今回提供して頂いたものはそのへんが大丈夫なのかも見ていきます。

CHOETECH BH-002 Bluetoothレシーバー

CHOETECHさんよりご提供頂きました。

外観

外箱

外箱はシンプルですが、中身の割には大きい気が・・・

箱を開けたところ

箱を開けると本体がすごく小さいことがわかります。
箱の2/3くらいは無駄な気もします・・・

本体と付属品

本体の他にはケーブル類が付属品として付いています。
箱の2/3の無駄なスペース?にはこのケーブル等が入っていたんですね。

説明書は英語

説明書は日本語対応しておらず、英語となっています。
ですが使い方は簡単なので問題はなさそうです。

本体

本体はかなり小さめで完全に握り込めるくらいの大きさです。

本体下部にはMicroUSB

本体下部にはMicroUSBを端子を搭載。
給電、充電に使用します。

本体側面

本体側面にはボリュームボタンを搭載。
ここでボリュームを調節することが出来ます。

スポンサードリンク

本体側面

ボリュームボタンの反対側にはイヤホンジャックが搭載されています。
3.5mmの通常サイズです。

本体側面

本体上側面です。
ペアリングボタンと受信、送信を切り替えるトグルスイッチが搭載されています。

スペック表

仕様
寸法5×4.8x1cm
重量14g
(実測15g)
充電ポートMicro USB
電池容量150mAh
電力持続時間約10時間
動作電圧DC 3-4.2V
バージョンV4.1
搭載チップセットCSR 8670チップセット
対応プロトコルHSP, HFP, A2DP, AVRCP
転送距離Class2
伝送距離 10m

電源がなくても大丈夫!

意外とこういう系の製品だと給電し続けなければいけない商品が多いのですが、こちらの商品はバッテリーを内蔵しているので電源を常時供給するのが難しい場所でも簡単に使用することが出来ます。

バッテリー容量は大して多くないですが、結構長い時間使うことが出来ます。

2時間ほど音楽を流してみましたが、問題なく使うことが出来ました。

小さくて軽いから配線も楽!

かなり小さいサイズで軽いので配線がすごく楽です。

あまり本体の重さが大きいとケーブルを繋いで宙ぶらりんだとケーブルに負荷がかかるんじゃないか?とかケーブルが抜けないだろうか?って心配すると思います。

できれば宙ぶらりんで置いておきたいけどなかなかそうもいかないから設置場所をちゃんと考えないといけないアダプターやら機材ってありますよね?

例えばスイッチングハブとか・・・
地味に場所取るんですよね・・・

ですがこのCHOETECH BH-002は非常に小さく、軽いのでケーブルを繋いで宙ぶらりんに配線することも可能ですし、裏に両面テープを貼って何処かに貼り付けて配線も出来ます。
これは非常に大きなことだと思います。

音質や安定性は?

まず音質は普通にいい感じです。
Bluetoothだから音が悪いという時代は終わったんだなぁと感じました。

最近のBluetoothオーディオは音質も文句無しでいい時代になったものです・・・(n回目)

世の中は高ビットレート、高サンプリングレートのハイレゾなんて物が流行っていますが、個人的にはBluetoothの音質がかなり向上したほうが感動しています。
5年ほど前にも出たてのBluetoothレシーバーというやつを使っていましたが、音質が結構酷かったのでそれを考えると雲泥の差ですね・・・

安定性に関しても電子レンジの干渉は流石に受けますが、かなり安定しているように思います。
普通に使用しているときには音飛びなどは全くありませんでした。

送信受信どちらもOK

これが地味に便利なのです!

また5年前の話となりますが当時は送受信機はほぼなく、あったとしてもかなりお値段が張りました。

それもあってレシーバー(受信機)を購入して使っていたという経緯もあります。

ですがこのCHOETECH BH-002は送受信可能なBluetoothレシーバー・トランスミッターとなっています。

その為スイッチに切り替えで簡単に送信受信を切り替えることが出来ます。

例えば・・・
有線のスピーカーをスマホからBluetoothで使いたい時は受信モードにしてスピーカーに接続して使う。
PCの音声をBluetoothヘッドホンで視聴したい時はPCに接続してBluetoothで音声を送信する。

と言ったように結構使い勝手が良いです。

まとめ

有線スピーカーをBluetooth化出来るのは強み

この製品の一番の強みはそこだと個人的には感じました。

Bluetoothスピーカーは増えましたが、家に置くならやはり音質や出力にこだわりたいですよね?

そんな時にこのCHOETECH BH-002があれば簡単にBluetooth化し、使うことが出来ます。

私はPCに安い2.1chスピーカーを接続して使っていますが、音質や出力に関してはかなり満足しています。
ですが安いのでもちろんBluetoothには対応していません。

そんなスピーカーでもこのレシーバーを使用することでスマホからワイヤレスで手軽で聴くことが出来るBluetoothスピーカーと化すのです!

この製品の強みはそこにあると感じました。

普段使っているスピーカー

色々夢が広がる

今後スピーカーの買い替えも検討しているのですが、このレシーバーを使ってみてBluetooth化はこういった外部レシーバーでもありかなと感じました。

最近だとBoseのスピーカーが気になっていたりするのですが、Bluetooth搭載モデルと非搭載モデルとだと結構値段差があったり・・・

ですがこの製品を使ってBluetooth化してしまうのもありだなぁと感じました。
Boseのスピーカーを無理やりBluetooth化するのはナンセンスな気もしますが、手軽に出来るに越したことはないですよね。

今回はここまでです。
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.