モンスタースペックで圧倒的パフォーマンス!Xiaomi Mi5s Plus 〜ハードウェア編〜

Screenshot_2017-01-16-19-42-57-324_com.antutu.ABenchMark

最新CPUで圧倒的スペック!Mi5s Plusのモンスタースペックに迫る!

以前に続きXiaomiのフラッグシップファブレットXiaomi Mi5s Plusのレビュー記事です。

ファーストインプレッション、カメラに続き、今回はMi5s Plusのモンスタースペックに迫っていきたいと思います。

スポンサードリンク

フラッグシップというだけはある

流石フラッグシップと言うだけあってそのスペックはまさに”モンスター”です。
他社で性能怪獣と謳っていた機種がありましたが、Mi5s Plusも性能怪獣そのものです!

現時点でトップクラスのCPUであるSnapdragon 821を搭載、RAMも贅沢に4GBとかなり盛々のスペックで圧倒的性能を誇るMi5s Plusのベンチマークを早速測っていきます。

Antutuベンチマーク

まずは定番Antutuベンチマークです。
Snapdragon 820がリリースされたときに散々スコアは見ていたのでだいたい検討はついていますが、早速計測です!

Antutuベンチマーク v6.2.7

Antutuベンチマーク v6.2.7

バージョンはv6.2.7です。
14万点を超え、非常にハイスコアなのがわかります。

Antutuベンチマーク v6.2.7

Antutuベンチマーク v6.2.7

※上の画像をクリックで大きい画像を表示

スコア141101
3D合計49959
  3D[孤立]30337
  3D[ガーデン]19622
UX合計46544
  UXデータセキュリティ7705
  UXデータプログレス6146
  UX戦略ゲーム8821
  UX画像処理19813
  UX I/O パフォーマンス4059
CPU合計33800
  CPU 算数13274
  CPU共通のアルゴリズム8474
  CPU マルチコア12052
RAM10798

GeekBench 4

続いてGeekBench 4です。
こちらも言わずと知れたベンチマークアプリですね。

GeekBench 4.0.4

GeekBench 4.0.4

CPUのスコアを計測してみました。
バージョンはv4.0.4です。

シングルコア ランキング

シングルコア ランキング

マルチコア ランキング

マルチコア ランキング

シングルコアはかなりハイスコアです。
マルチコアもハイスコアですが、どうやらGALAXY Note 7などには負けるようです。

ゲームプレイ

アサシンクリード アイデンティティ

結構グラフィックは綺麗

結構グラフィックは綺麗

セールで購入したアサシンクリードをプレイしてみました。
1時間ほどプレイしましたが、カクつきなどはなく、快適にプレイ出来ました。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

3D標準が選択された。

3D標準が選択された。

お馴染みデレスタをプレイしてみました。
起動時に自動選択されたのは3D標準でした。

ライブ中も特にカクつき等はないので快適にプレイ可能です。

シャドウバース

大人気スマホカードゲーム シャドウバースをプレイしてみました。

カード選択時など処理が少し重くなる場面では多少カクつきを感じる時がありました。

プレイ自体に特に問題はなく、快適にプレイできました。
十分な性能と言えるでしょう。

大容量のRAMで快適動作!

64GBモデルはRAM 4GB、128GBモデルはRAM 6GBでアプリを同時に起動したりしても全く問題はありません。

RAM不足でアプリが落ちたり、不安定になったりなどはなく、ハイスペックなCPUとあいまって快適に動作します。

タスクキル無しで使ってもRAMは900MBほど残っている。

タスクキル無しで使ってもRAMは900MBほど残っている。

タスクキルなしガンガン使ってもRAMの空き容量は1GBほど常に空いていて、RAM不足を感じることはありません。

バッテリー持ちが結構良い

バッテリー容量は3800mAhと容量は結構大きめです。

故にバッテリー持ちもかなり良く、1日は余裕、充電なしでも2日はなんとかなるかなぁという印象です。

バッテリーのグラフ

バッテリーのグラフ

キャリアアグリゲーションとVoLTEに対応

流石フラッグシップというところでしょうか、CA(キャリアアグリゲーション)とVoLTEに対応しています。

普通のLTE通信時

普通のLTE通信時

CAで通信時

CAで通信時

キャリアアグリゲーション時はステータスバーの「4G」の表記が「4G+」に変わります。
ですがそもそもキャリア回線のような速度が出る回線を契約してないのであまり実感はできませんでした。

言われれば速いような・・・

VoLTEの項目が設定に

VoLTEの項目が設定に

設定→SIM cards & mobile networks→SETTINGS→VoLTE enabledからVoLTEの設定が可能です。

ですが電話する相手がそもそも居ないので実感は出来ませんでした。
仕方ないですね。

まとめ

満足、納得のスペック

この価格でこのハイスペックなので非常に満足度が高いです。
また物理的なスペックの他にも機能面も充実しているので不満なく使うことが出来ます。

Snapdragon 821と大容量の4GB RAMでブラウジングから3Dゲームまで様々なことを快適にこなすことが出来ます。

ファブレットはいいぞ

久々に5.7インチファブレットに触れましたが、やっぱりファブレットはいいですね。

5.7インチは大画面で動画やゲームを楽しむのにも適していますが、フリック入力なども難なく行えて、ポケットに入るという絶妙なサイズですね!

今回ご提供いただいたMi5s Plusは特にコスパに優れているのでコスパ重視でファブレットを選ぶ人におすすめです。

今回はここまでです。
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.