早く買っておけば良かった iPad Air向けノートPC型キーボードカバー

どうもtomokinです

以前、iPad Air向けのキーボードカバーを買ったのですが…
以前購入したのはスマートカバーの様に磁石で本体に付くタイプです
なので取り外しが簡単で良かったのですが…
やっぱりノートPC型の方が便利だと痛感しました

  1. 以前使っていたAnker TC930の特徴
  2. 新しく購入したノートPC型のカバー
  3. まとめ
スポンサードリンク

1. 以前使っていたAnker TC930の特徴

良いポイント

軽い

軽いのはとてもありがたいです
持ち運びたくなくなる様な重さはiPad向けキーボードとしては致命的です

打ち心地がいい

さすがAnkerといったところでしょう…
打ち心地はノートPCなどと変わりません

取り外し簡単

磁石で本体に付くタイプで、使わない時は簡単に取り外し出来ます

残念なポイント

質感が残念

いかにもプラスチックという感じの質感で、4000円程もするキーボードには見えないのが辛いですね
もうちょっと高級感が欲しかったですね…

iPadの固定方法

固定方法が立てかける感じなので電車などで使うとiPadが落ちたりします
危なすぎます

キー配列

iPad向けのキー配列なのでWindowsに慣れていると打ちにくさはありますが、少し打てば慣れでどうにかなるレベルではあります
それは良いんですが、キーの大きさが一定では無いのです
1番上段のキーのみ普通のキーよりも縦幅が半分ほどになっていて非常に打ちにくいです

これは他のiPadキーボードにも言えることなんですが、なぜかこのタイプが多いです
なぜなんでしょうか・・・

2. 新しく購入したノートPC型のカバー

iPad Airに付けてみた

DSC01891 DSC01894
スポンサードリンク
DSC01893

良いポイント

電車などでも使える

自分は専門学校に通う学生ですが、通学は電車を使っています
そのため片道1時間ほどかかる中の45分位は電車に乗っています
その時間にブログの文字だけでもサクッと入力しておきたいのですが、以前使っていたTC930だとiPadが落ちる可能性もあるので出来ませんでした
ですが、ガッチリホールドされているノートPC型のカバーだからこそ安心して使うことが出来ます

※この記事の下書きもiPadで通学中にしています

開ききった状態でも置いても倒れない

ノートPC型のカバーでたまにあるのが開ききった状態だとiPadの重さで後ろに倒れてしまうという現象です
キーボードは軽ければ軽い方が良いですが、軽すぎるとそういう問題もついてまわります
その点適度な重さがあるこれであればiPadが自重で倒れることもなく、快適です
ちょっとしたところですが、頻繁に使う物はそういうちょっとしたところがすごく重要になって来ます

安い

以前使っていたTC930は薄く、軽い反面やはりお値段がします
お値段約 5000円

ですが、今回購入したノートPC型の物は 2980円 とかなり安く買えました
ですか品質が良く、大満足です

安いは正義 ですね

残念なポイント

かなり分厚くなる

やはり構造上どうしても分厚くなります
こればかりはこのタイプではどうしようもないところですね
ノートPCだと思えば
まぁ多少はね?

ならノートPC持てばいいんじゃないかな・・・

結構重たい

重量があると開ききった時に倒れないのはいいのですが、結構重くなっています
これなら正直MacBookAirとか使ったほうがいいんじゃないかなと思ってくるくらいには重いです・・・

3. まとめ

結局やっぱりノートPC型のカバーが至高です
普段から使うものですからね・・・

どこでも手軽に使えるのは選ぶポイントになるのではないでしょうか?

TC930は確かに打ち心地こそいいですが、電車で使えなければどこでも手軽に使えるとは言えないかと思います

自分の使う場面を考えて購入するのがいいかと思います

それでは今回はこの辺で
ノシ

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.