圧倒的安さ! ノーブランド・山寨ガジェットを輸入!


こんにちは。Thinkと申します。

前回は個人輸入の注意点や、海外主要スマホ輸入サイトを紹介させてもらいました。

こちらから閲覧可能ですのでよろしかったら御覧ください~。
前回記事:周りに機械で差をつけろ!? ガジェットの個人輸入について

前回の続きとのことで、今回はは中国の無名企業の商品や、ノーブランド品、山寨機を輸入するときにオススメのサイトを紹介します。


スポンサードリンク

ノーブランド品や山寨機とは。

まずノーブランド品、山寨と言っていますが、そもそも「ノーブランド品」、「山寨」とは一体なんぞかしらない方も多いかもしれません。

そこで今回はその用語からまずは解説していこうと思います。

ノーブランド品

日本でこのノーブランド品をすぐに確認することができるのはこちらの店舗。

ファッションセンターしまむら八幡店 みらいコーポレーションより引用

ファッションセンターしまむら八幡店
みらいコーポレーションより引用

ファッションセンターしまむらさんです。

しまむらではきちんとしたadidasやpumaみたいなブランド品もありますが、商品の殆どは特定のブランドの商品ではなく様々なところから集まってきてますよね。

そのような商品は日本国内のメーカーが中国企業に依頼して作ってもらっている商品の横流れ品もしくは独自に作っているものや、中国に流れている無名メーカーが生産したものを購入してきたものです。

そのため、ブランドの価値がその商品にはほぼつきません。よって企業をそれを安く入手し売ることができるというわけですね。

例えばこちらの商品。

Amazonで出品されているBTイヤホン。

Amazonで出品されているBTイヤホン。

Amazon.co.jpでは某S社が約2500円で販売されています。
しかし同じ商品をAliExpressにて調べてみると…

イヤホンをAliExpressにて購入した場合

AliExpressでの価格

$8.78(1031円)で購入可能なのです!

日本で購入する場合と比べて、半分の値段で購入することが可能なのです!

つまり私たちはブランドロゴに1500円程…

ただし日本国内で使用する場合は、国内流通しているメーカーさんが輸入しているものでないと技術適合表示を得てない場合があるので注意してください。

そして保証に関しても国内流通品のほうが確実に強いです。私が知っている企業さんでは、故障して連絡を入れたらすべてタダで新品に交換してもらいました。

そのため一概にノーブランド品がいいとは言い切れない現状があります。

よってノーブランド品を輸入する場合は、使い捨て感覚で使用するといいのではないでしょうか。

山寨

この山寨(さんさい)ですが、Wikipediaによると

山寨(さんさい)とは、中国語で、「山賊のすみか」という本来の意味をもつ言葉だが、そこから転じて「模倣、ニセモノ、ゲリラ」などを指す、どちらかと言えば否定的な言葉であった。しかし、近年では、「反主流の文化の代表」という肯定的な意味でも使われるようになった言葉である。

とまあこんな感じの言葉です。

実際昔は中国深センの無名企業がNokiaやiPhone偽物を作っていたりしましたため、そのような深セン産の携帯電話を総称して、今では山寨機と呼ばれています。

最近ではこの山寨機がとんでもなく進化して来ました。

パーツの安定・安価供給、どんな無名企業でもスマホを作れる環境になった、そもそも企業自体が成長していることもあり以前までのものと比べて非常に高品質・高性能なものが作れるようになってきました。

そのため、昔までのように安かろう悪かろうとは一概にも言えなくなっており、購入して非常に面白いものとなっております。

また、スマートフォンのみならずケーブルやアダプタといったサプライ品、周辺機器も携帯に合わせて発売しているので日本国内品よりと同じくらいの製品が安く購入できます。

GEARBESTでのUSB typec ケーブル

GEARBESTでのUSB typec ケーブル

例えばこのXiaomiのUSBですが、日本で同等のものを購入しようとすると1,500円ですが定価300円で手にはいりました!

 

ノーブランド・山寨ガジェット輸入ショップ

こちらに記載したショップは国内でよく頼まれているだけあって、かなり簡単に注文できます。

英語さえわかれば、あとはクレジットカードの用意をして注文をするだけです。

また、どこのショップも基本的には送料無料です。しかし基本中国通常郵政なので1ヶ月以上届くまで時間がかかるので注意。

早めにほしい方はDHLやEMSをご利用ください。1週間ぐらいで届きます。

画像をクリックorタップしていただくとショップページに移れます。

GearBest

国内でも割りと多くの人が注文してると見られるGearBest。
そして売られているものは、ほとんど正規品であるため安心して輸入できます。これが一番の利点ですね。

こちらは山寨スマホやタブレットなどといったものの品揃えがいいですね。周辺機器もありますが、他のショップと比べると若干種類が少ない印象。

また、あとに記載するショッピングモールのショップと比べるとあまり安くない印象です。

スポンサードリンク

DX.com

GearBestについで国内利用者が多いのではないかと思われるDX.com。

GearBestではあまり取り扱いのない、少々大きめの商品を割りと取り扱ってる印象。

スマホなどに関してはそこまで安くない印象なので、私自身はGearBestと併用しています。
こちらも取扱い製品がほぼすべて、正規品なので安心して購入できます。

ちょっと高額な購入をするなら、私は上記2ショップで購入します。

Geekbuying

こちらもスマホが得意な印象。また、ラジコン(ドローン)なども悪くない品揃え。

また、値段がかなり安い商品もあるので、ほかのサイトで購入する前に一度チェックしてみてもいいのではと。

しかし一部の商品にて、偽物が混入していた事象もあるらしく私自身は確実な利益がない場合は利用をしておりません。

 

総合ショップモール

日本にはヤフーショッピングや楽天市場などのように、たくさんのショップが集まってできている電子ショッピングモールがあります。

海外にもそのようなサイトがたくさんあり、その中でも日本へ輸入しやすいものをここでご紹介します。


※注意! これから先紹介する店は、殆どの場合で購入段階にて出品者とコミュニケーションを取る必要があります。
そのため出品者と会話できる言語を十分に利用できる方の利用をおすすめ致します。

ebay.com


世界最王手のオークションサイトebay.com。
その規模はとんでもなく28ヶ国に拠点を広げるほどの大企業。

一時期日本にも来てましたが、国内のヤフオクと楽天オークションに殺害された模様…
世界の覇者すら打ち負かす日本のガラパゴス性には、いやはや関心(できません。)

そんなebay.comでは、日本に輸入可能な商品も多数あります。
私は日本では手に入らない海外限定品や、日本にも売ってるけど海外のほうが安い商品などを購入するときに使用しています。

細かな使用方法に関しては、「ebay 輸入 方法」などと調べると、ハウツーサイトが沢山出てきたり…

こちらのサイトはPayPalというebayの子会社の支払いサービスを利用して、決済を行います。

参考サイト
cute.sh 初めてのebay、初めての個人輸入
aucfan college 手順通りにやればたった10分で海外サイトからお買い物可能!

AliExpress.com

中国アリババグループが運営する英語ショッピングモール。

日本語で開くと、日本語表記されてることもあるので注意。その時はひどい日本語なので、迷わず右上の”Go to global site”を押しましょう。
そうでないと、きちんとした商品詳細を閲覧することはできません。(´・ω・`)

こちらのサイトでは、中国からほぼの価格で商品を輸入することができます。そのため、細かなアクセサリ群やよくわからないおもしろ商品が買えたりします。

また、海外スマホのリファービッシュ品なども手に入るのでオススメ。ebayでもてにはいりますが、送料を考えるとこちらのほうが安くて手に入る場合が高いです。

中国のよくわからないスマホも上記ショップと比べると少し安めに購入できますね。ただし、正規品かどうかの保証はなされていないので、ショップの評価で判断するしかないですね。

こちらのサイトはAriPayというものを使用して、決済を行います。

参考サイト
昔、あまゆにもんこまだったブログ Aliexpress(アリエクスプレス)での購入方法 その1

天猫(Tmall)

中国アリババグループが運営する中国での正規メーカーによるショッピングモール。

こちらは下に記載しているTaobaoと違い、基本的には特にコミュニケーションを取らなくても購入できます。

ほぼ全てのショップにて標準で海外への輸出も対応しているのでそこまで心配は要らないかと。

こちらではXiaomiやmeizuと言った中国でしか買えないようなメーカーの商品が、ショップマージン(ショップ利益)無しで購入できるので最も安く手に入るためおすすめです!

私自身も最近発売されたXiaomiの紅米3を購入しようと毎日入荷時間を狙ってポチっているのですが瞬殺です…

購入方法に関しては、参考サイトが分かりやすく解説していらっしゃいますのでよろしかったら御覧ください。

こちらのサイトもアリババ系列なのでAriPayというものを使用して、決済を行います。

参考サイト
淘宝(タオバオ)で代行業者を使わず直接購入する方法

陶宝(Taobao)

中国アリババグループが運営する中国でのショッピングモール。

正直初心者には本気でオススメしません。
すべての対応・購入が中国語です。まず日本に送ってくれるかどうかが不明なので、出品者とお話をしなくてはいけないのですがそれも中国語です。

「中国語なんて余裕だし」とか「もう詐欺にあってもいいから、購入したいほど安い」とか言う方は購入してみても良いのでは無いでしょうか。

正直わからない所は、翻訳すればなんとかなるっちゃなります。しかし、送ってくれるかどうかも不明な場合が多いので注意してください。

ちなみに最近私はBlackberry Classicの輸入をしようとして10ショップ以上断られました。(´・ω・`)
お高めの商品はなかなか輸出してくれませんね…

こちらのサイトもアリババ系列なのでAriPayというものを)ry

 

 


今回は、主要なノーブランド・山寨ガジェット輸入ショップについて紹介しました。

私自身は、昔はTaoBaoをよく使っていたのですがいかんせん中国語なので、コミュニケーションを取るのがめんどくさい…
なので今でAliExpressを多めに利用していますね。やっぱり英語が楽です。

当ブログは、技術基準適合証明を受けていない通信機器や違法商品の利用を勧めるものではございません。もし使用国の法律に反し使用しても、著者・当ブログ管理人は責任を負いません。

1 個のコメント

  • コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.