カメラは1つで十分?AIで勝負するGoogle Pixel 3 XLのカメラ性能を検証!

ついに日本でも発売されたPixel 3 XL。

特徴はいくつかありますが、最近のスマホはカメラが2つは当たり前、3つ以上搭載している機種も多く存在します。

そんな中、Pixel 3 XLはカメラが1つと、最近のスマホの流行りには乗らないスタイルを取っています。

今回はそんなPixel 3 XL自慢のカメラ性能に迫っていきましょう。

関連記事
ついに日本上陸!Google純正スマホ「Pixel 3 XL」ファーストインプレッション

スポンサードリンク

スマホのカメラはデュアルが主流

スマホのカメラはデュアルが主流で、iPhone、Xperia、Galaxyなどの大手メーカーのハイエンドスマホはデュアルカメラになっています。

Huaweiはハイエンドに3つのカメラシステムを搭載し、SamsungはGalaxy Aシリーズにまさかの4眼のカメラシステムを採用。

スマホ初期は画素数を上げることを目標にしていましたが、次は高感度で暗闇に強く、そして今度は被写界深度によるポートレートやズーム時の画質を上げることに注力しています。

長年シングルカメラを貫いてきたXperiaですらPremiumに2眼カメラシステムを搭載するほどで、次期Pixelはデュアルカメラになるかもという噂も流れていましたが、Googleはシングルカメラで十分という判断をしました。

これが成功となるか、失敗となるか・・・。

ズーム時の画質

まずはズーム時の画質です。

物理的に2倍レンズを搭載しているiPhone XやGalaxy Note8と比べると不利なのは目に見えていますが、どうなるでしょうか・・・?

※画像はクリック・タップで高画質な画像が見れます。

見た感じでは画質にそんなに差はなさそうですが・・・。

iPhone Xはノイズが多めですが、Galaxy Note8とPixel 3 XLはさほど変わらない感じに見えます。

Galaxy Note8とiPhone Xは2倍で、Pixel 3 XLは同じくらいにズームしたつもりですが、3倍ぐらいになってしまいました。

iPhone Xはノイズが多く画質が気になるところですが、Galaxy Note8とPixel 3 XLはほぼ変わらないですね。

比較画像

比較しやすいように同じ範囲が映るように切り取って、Pixelの画像は少し拡大しました。

拡大処理した時点で厳密な比較にはならないですが、見やすいとは思います。

左からGalaxy Note8、iPhone X、Pixel 3 XLの順です。

個人的にはGalaxy Note8が一番きれいに見えます。
iPhone Xは相変わらずノイズが多いイメージですが、右下に見えるdocomoロゴはしっかりと写っているので、そこは流石2倍レンズという感じですね。

Pixel 3 XLはiPhone Xに比べるとノイズが少な目ですが、右下に見えるdocomoロゴは潰れてしまっています。

あくまでもAIでの修正なので、文字が潰れるあたりは仕方のないことかも知れません。

ですが、2倍レンズに対抗できるほどの画質と言っても良い結果ではないでしょうか?

ズームでもそこそこキレイに写っているのは素晴らしいですね。

暗くても綺麗に撮れる

暗い場面ではPixel 3 XLがかなりキレイに撮影できました。

拡大するとその差がはっきりと分かりますね。

大体同じ場所を切り抜いた画像を並べてみましたが、看板に注目してください。

Pixel 3 XLはHDRがしっかりと効いていて、看板に書かれた文字を読むことが出来ますが、Galaxy Note8とiPhone Xは白飛びしています。

これがPixel 3 XLのAIの実力ってやつですね。

Pixel 3 XL カメラ作例

AIパワーがしっかりと感じられたところで、カメラ作例をお見せしましょう。

シングルカメラでここまで出来るのは素晴らしい以外の言葉は出ないですね・・・

スポンサードリンク

等倍

最大望遠で撮っても結構キレイに写ります。

逆光でもしっかりと被写体が写っている。

500円うな丼。
飯テロカメラでもあります。

夜のアキヨド。
明暗が激しい場所でもかなりキレイに写ります。

ポートレートで前列の3体が引き立っている。

ポートレートなしバージョン。
後ろのタコボーイとタコにもしっかりとピントがあっている。

風景も色鮮やかに撮れる。
紅葉の時期はそろそろ終わりなのが惜しいですね・・・

真っ暗闇で撮った猫。
近づいたら逃げられるので、ちょっと遠目からズームしてNight Sightで撮りました。

まとめ

新しい形のカメラシステムを提案したGoogle

カメラシステムは時代と共に進化し、画素数の引き上げ、3D撮影、ピクセルサイズとセンサーサイズの大型化、被写界深度の測定と進化してきましたが、そんなカメラシステムの進化に新たな道を提案したのがPixel 3 XLではないでしょうか?

レンズを増やして、複数のレンズで撮影した写真から被写界深度を測り、ぼかし処理を行うのが当たり前の技術となったいま、次はAI処理が主流になる日も近いかも知れないですね。

HuaweiもAIに力を入れ、NPUをデュアルコアにパワーアップするなど、今後は独自AIチップを開発できる企業が優位になりそうな気がします。

まだまだ発展途上なのも事実

散々褒めてきましたが、Pixel 3 XLのカメラはまだまだ発展途上なのも確かなのです。

というのも、同じ環境で動かずに写真を2枚撮っても違う出来になることがあるので、AI処理はまだまだ最適化の余地がありそうです。

アップデートでNight Sight(夜景モード)を実装しているのを見ると、アップデートで大幅に画質が上る可能性もあるのではないでしょうか?

「アップデートで画質が上がるカメラ」というのは今まであまり見たことがないので、今後もGoogleさんには最適化を頑張って欲しいですね!

関連記事
ついに日本上陸!Google純正スマホ「Pixel 3 XL」ファーストインプレッション

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.