デュアルドライバーで音楽を楽しく!Xiaomi In-ear Hybrid Earphones Pro レビュー!

デュアルドライバーで高音質!
Xiaomi In-ear Hybrid Earphones Proでお値段抑えつつ音楽を楽しもう!

このブログでは様々なオーディオ機器を紹介しています。
その中でも多いのがイヤホンの記事ですね!

ガジェットブログを名乗りつつイヤホンの記事の方が多い気すらします…

ですがイヤホンと一口にいっても様々な種類があります。

ドライバーの方式が違ったり、音質が違ったり、コンセプトが違ったり…

今回は以前にも紹介した方式の上位モデルのイヤホンの紹介です。

スポンサードリンク

Xiaomi In-ear Hybrid Earphones Pro

今回はGearBestさんに提供していただきました。

外観

シンプルな外箱

外箱はシンプルです。
左下にはハイレゾのマークも見えます。

スライドして開封

外箱をスライドすると本体とご対面。
しっかりとした梱包で高級感があります。
外箱に高級感とか求めても・・・って感じもしますが、上位モデルって感じがするのでいいですね!

内容物は本体、説明書、専用袋で以上です

内容物は本体、説明書、専用の袋で以上です。
説明書は中国語オンリーですが、イヤホンなので特に説明なく使えるので気にはなりません。

専用の袋にもXiaomiのロゴ付き

専用の袋にもXiaomiのロゴが入っており、丁寧な仕事ですね!

本体

本体はこちらです。
Xiaomiがよく使っている「1MORE DESIGN」のロゴが、このイヤホンについているようです。

開くと中からイヤーピースが出現

早速開けてみると上のイヤホンが見えている部分が外れて、イヤーピースが出現しました。

スポンサードリンク

イヤーピースは3サイズ

イヤーピースは3サイズで左からXS S Lとなっています。
元から付いているものはMサイズっぽいです。

ドライバー部

早速出してドライバー部を撮影しようと思ったところ、ケーブルに変な癖がついていて変な写真に・・・
ドライバー部はフルメタルで剛性と音質、美しさを兼ね備えています。
更にドライバーは低音を得意とするダイナミックドライバーと中高音を得意とするバランスド・アーマチュアドライバーの2種類を搭載し、互いの強みを活かしつつ、弱みを補って高音質を実現しています。
製品名にあるように「Hybrid」は2つのドライバーを使用したハイブリッドシステムと言う意味があります。

最初は癖がかなりついている

先程取った上のゴムのような部品に巻きつけてあるので仕方ないですが、かなり癖がついています。
使い始めは癖がついているので少し使いにくいですが、しばらくすれば癖はとれます。

リモコン部

リモコン部はシンプルなデザインです。
3つボタンが付いているのみで、特に特別なことはありません。
ただボタンのクリック感があまりなく、しっとりした感じの押し心地なので手袋などをしていると押せたかどうかわからないかも知れないですね。

音質

続いて肝心の音質です。

高音域

耳に突き刺さるようなトゲトゲした音ではないものの、やはり高音は少し苦手なのかなぁというイメージです。
ですが、高音も結構出ているのでこの価格帯であれば満足の音質です。
シンバルの音やハイハットの音も結構まともに聞こえます。

中音域

中音域はかなりフラットで、歪みなどは感じられませんでした。
解像感が結構高く感じたので、ボーカル重視の曲などは気持ちよく聴くことができます。

低音域

低音域はしっかりと出ています。
レスポンスが少し悪いのか、あまりキレは感じられませんが、綺麗な低音を鳴らしてくれます。
ベースの音が特に心地よい。

総評

典型的なドンシャリサウンドながら、高音がそこそこ出て低音がキレイなので、不快感はありません。
個人的には少しイコライザーを掛けると化けるかな?という感じはします。

おすすめイコライザー設定

iOS標準イコライザーで色々聞いてみておすすめのプリセットは以下の通りです。

Treble Booster → よりクリアに聞こえる。音がしっかりと分解されるイメージ。
Rock → 音圧重視。ボーカルが少し埋もれるけど、低音と高音のバランスはいい感じ。
R&B → 低音重視。Rockより低音が多めで、低音好きにはいいかも?

Androidは標準でイコライザーを搭載していないのでPowerAmpを使っていい感じの音質を目指してみました。


もともと低音が強めのイヤホンなので低音を少し抑えて、高音を多めに、ボーカルを前面に出すことで結構いい感じの音になりました。

まとめ

コスパ良しの高音質イヤホン

当たり前ですが、1万円以上するような高級イヤホンと比べると劣ります。

ですが、このXiaomi In-ear Hybrid Earphones Proはドライバーを2種類搭載したハイブリッド型で値段を抑えつつも高音質を実現しているイヤホンです。

3000円程度のイヤホンでありながら、かなり音質がよく、コスパが良い製品でした。

今回はここまでです。
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)