高速でNintendo Switchや一眼カメラでも高速快適!Kingston SDCG/64GBSP レビュー!


高速!UHS-1対応のmicroSDをNintendo Switchと一眼で試す!

皆さんSDカード使いますか?

私はカメラで使ったり、Android端末を何台も持っているということもあり、結構使う機会が多いです。
その為microSDカードやSDカードを結構持っています。

昔に比べるとかなりSDカードも安くなりました。

今回はSDカードをKingstonさんよりご提供頂いたのでご紹介です。

スポンサードリンク

SDカードの選び方

SDカードのレビューの前にSDカードの選び方をまとめてみましょう。

SDカードと言っても使う機械によっては満足に使えなかったり、そもそも認識しないこともあります。
ということでまずは適切なSDカードの選び方をご紹介です!

SDカードのサイズ規格

SDカードには規格があります。

まずはサイズの規格です。
下記の様に3つの大きさが規格として存在します。
現在はSDカードとmicroSDカードが主流です。
miniSDカードはガラケーに多く採用されていましたが、現在ではほぼ見かけることはなくなりました。
SDカードはカメラなどに多いですが、microSDにはSDカードサイズに変換するアダプターが付属していることが多いのでmicroSDを買っておけば間違いは無いかと思います。

とはいえmicroSDは物理的サイズが小さいのでSDカードよりも管理には気をつける必要がありますね。

各SD規格メモリーカードの比較
SDメモリーカードminiSDカードmicroSDカード
24mm20mm11mm
長さ32mm21.5mm15mm
厚さ2.1mm1.4mm1.0mm
体積1,596mm3589mm3165mm3
重量約2g約1g約0.4g
動作電圧2.7 – 3.6V2.7 – 3.6V2.7 – 3.6V
誤消去防止スイッチありなし[注 1]なし[注 1]
端子ガード突起ありなしなし
端子数9ピン11ピン8ピン

SDカード – Wikipediaより引用

SDカードの容量規格

SDカードには上位の規格が存在します。
それがSDHCとSDXCです。

これらは基本的に下位互換がないのでSDカードのみに対応している機器に対してSDHCやSDXCのカードを差し込むと使えないこともあります。
なので機器の対応規格をしっかりと確認してから選びましょう!

規格上の最大容量
一般表記最大容量
SD2Gbyte
SDHC32Gbyte
SDXC2Tbyte

SDカード – Wikipediaより引用

~2GBがSDカード、4GB~32GBがSDHC、64GB~2TBがSDXCという規格になります。
つまり対応容量によってもだいたいわかりますね!

私も過去に失敗した例があるので皆さんも購入の際にはお気をつけください。

過去記事

安いけど4K撮影もOK!MUSON アクションカメラ MC2 レビュー!

SDカードの速度規格

速度に関しても規格というのものが存在します。

各スピードクラスの比較
シーケンシャル最低処理速度スピードクラスUHSスピードクラスビデオスピードクラス用途
2MB/sClass 2 (C2)Standard-definition (SD) ビデオの撮影
4MB/s Class 4 (C4)High-definition video (HD) ビデオの録画
6MB/s Class 6 (C6) Class 6 (V6)
10MB/s Class 10 (C10) Class 1 (U1) Class 10 (V10)Full HD ビデオの録画,HD 静止画の連続撮影
30MB/s Class 3 (U3) Class 30 (V30)4K, 2Kビデオの録画
60MB/s Class 60 (V60)8K, 4Kビデオの録画
90MB/s Class 90 (V90)8Kビデオの録画

SDカード – Wikipediaより引用

このように最低処理速度によってClassという物があります。

ISW11HTを使っていた頃(約7年前)のmicroSDはClass4が主流でしたが、今ではClass10が主流となっています。
その為安いものでもClass10という場合がほとんどです。

ですがコンビニなどではまだまだClass4が置かれているのが現実ですので、microSDを買う際には気をつけましょう。

今回は更に高速なUHS(ウルトラハイスピード)規格に対応したmicroSDカードを提供して頂きました。

Kingston microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I U3 SDCG/64GBSP

Kingstonさんよりご提供頂きました。

スポンサードリンク

パッケージ

パッケージはエコなタイプです
UHS-1 Class3に対応していることや、90MB/sの読み込み速度、45MB/sの書き込み速度であること、4K映像に対応していることがわかります。
開けづらさに定評のあるパッケージの形をしていますが、実際は結構開けやすかったです。

パッケージ裏

パッケージの裏面には先ほど上で説明した規格の違いなどが少し載っています。
またぼかしてありますが、シリアル番号などの固有情報も載っています。
バーコードの少し下にRUの文字があるのでロシア向けなのかも・・・?
またグローバルパッケージなので裏には多国言語でびっしりと文字が書かれています。

パッケージ内側にもびっしりと文字

パッケージを開けて見ると紙の内側にはびっしりと文字が書かれています。
その中には日本語もしっかりと書かれています。
書かれている内容は保証の詳細です。

microSDカードとアダプター

内容はmicroSDカードとアダプターのみで説明書すら入っていません。
ゴミが少ないので非常に好感を持てます。
Kingstonでは文字の色でランクを判断できるようです。

文字色で判断出来るランク

Kingston公式サイトより引用

このように「クラス4」「クラス10 UHS-1」「Goldシリーズ」「Class10 USH-1」「USH-1 U3 90R/80W」という分け方をしているようです。
今回提供して頂いたのはGoldシリーズの64GBのmicroSDカードです。

Nintendo Switch

早速Nintendo Switchで使ってみます。

しっかりと使うことが出来ました。

スクリーンショットを撮影する際も一瞬固まったりすることなくスムーズに保存できました。

Canon EOS M2

続いてブログの物撮りをしているCanonのミラーレス一眼であるEOS M2で検証です。

今回は連写速度を検証してみました。

比較対象は普段からEOS M2に使っているTranscend UHS-1 Class1の64GBのSDカードです。

結果でこんなに差があるよ!って感じの動画を作ろうと思っていたのですが、検証した結果あまり変わリませんでした・・・

CrystalDiskMark

SDカードのような記録媒体にベンチマークをかけるのは良くないのはわかっていますが、速度を知りたかったのでかけてみました。

これ以降の作業を実行することでSDカードが破損する可能性があります
当ブログは実行に関して一切の責任を負いません、自己責任でお願いします

SDカードにはあまり良くないのは確かなので自己責任でお願いします。

SDCG/64GBSP 1GB 5回

測定した結果こうなりました。
表記されているスペックは確実に達成しています。
非常に高速でよほどのことがない限りは読み書きの速度で詰まることはないでしょう。

TS64GSDXC10U1E 1GB 5回

普段使っているTranscendの64GBのSDカードでも同じくベンチマークを回してみました。
こちらもかなりハイスコアで今回提供して頂いたSDカードと同じくらい速度が出ています。

ご購入の際にはカードリーダもご一緒に!

ここまで高速だとカードリーダもしっかりとUHSに対応した物を使用する必要があります。
今回使用したAnkerのカードリーダはUHS-1対応なのですが、Class3に対応しているとは明記していなかったので今回紹介したmicroSDをご購入の際にはUHS-1 U3(Class3)対応のカードリーダを一緒に購入することをおすすめします。

AnkerのコンパクトサイズでSDカードとmicroSDを読み込めるカードリーダです。
コスパは非常に高いです。

もう700円ほど出すとこちらのUHS-2対応のカードリーダを購入できます。
こちらであれば今回紹介したmicroSDでも十分な速度で通信することが出来ます。

まとめ

スマホから一眼カメラにまで幅広く使えるSDカード

microSDなのでスマホから一眼カメラ、アクションカメラなどにも使えるという利便性があります。

上でTranscendのSDカードと比較していますが、microSDカードの小さな面積でSDカードと同等の性能を出していると考えるとすごいと感じませんか?

とりあえず買っておく系の物

このブログでは何回も言っている気がしますが、とりあえず買っておく系の物だと感じました。

コスパも良いですし、性能も確かなので高速なmicroSDが欲しい人はとりあえず検討してみてはいかがでしょうか?

今回はここまでです。
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)