PITAKA ものすごく美しい本物の木で出来たiPhoneケース

本日は本物の木で出来た美しいiPhoneケースのご紹介です

PITAKA様より提供いただきました。

みなさん、iPhoneケースどのようなもの使ってますか?

ぼくは今までiPhoneを割りたくなかったのでSpigenの耐衝撃タイプのケースを使ってました。

ただそういうのって実用性は高いんですがあまり美しくないんですよね。

やっぱりiPhoneってアルミの削り出しで作られた美しいボディなのでそれに合った美しいケースが合うと思います。

スポンサードリンク

PITAKA 天然木iPhoneケース ローズウッド

まずPITAKA社についてご紹介します。

PITAKA社は香港に本社を置き世界的に活動をしている、「アラミド繊維」を使った製品のメーカーです。

アラミド繊維はポリアミドというナイロンの一種である素材を使った合成繊維です。

強度や弾性率、耐熱性に優れ、ゴム、プラスチック、セメントなどの補強材料として、またロープ、織物、不織布として広く使われています。

そのアラミド繊維を応用しiPhoneケースにしたものがPITAKA社の代表的な製品となっています。

今回の天然木iPhoneケースは、三層になっており、木材と木材の間にアラミド繊維が入っており、それによって強度をかなり強化しているみたいです。

詳細に関しましてはPITAKA社のホームページを御覧ください : ipitaka.com

開封

スポンサードリンク

シンプルなパッケージで内容物もシンプルですが、iPhoneケースにしては珍しくガラスフィルムが付属しています。

ガラスフィルムの品質は問題なくきれいに貼ることができました。

ガラスフィルムはホコリが入ると気泡になり剥がすのも困難なのでホコリが少ないところで貼るのをおすすめします。

とにかく美しい

このケースは本物の木をベースにできています。

もちろん一つ一つ木目や色合いは異なりますので、完全に同じものは一つとして存在しません。

そして、三菱鉛筆のピュアモルトと同じように非常に手触りがよくスッと手に馴染む感覚があります。

これはもちろん木でできているからというだけではなくアラミド繊維を使った技術によって非常に薄く軽くできているおかげだと思われます。

今回はローズウッドのモデルを頂いたのですが、思ってたより暗めの色合いで個人的に非常に好きな色でした。

TPU素材等のケースでも良いものは多いのですが、やはり天然木の高級感には敵いませんね。

ぴったり&軽薄

このケース、ものすごくぴったりサイズです。

一回はめたらもう二度と外れないんじゃないかってくらいしっかりハマります。

しかもものすごく薄く軽いのでまるでケースを付けてないんじゃないかというような錯覚に陥ります。

今まで保護のために仕方なくiPhoneケースを付けていましたが、これほど薄いと保護のためも思わなくてもつけていてかまわないと思ってしまいます。

ケースに上下の囲いが無いので落としたときに画面が破損する可能性が高いのでバンカーリングと一緒に使うといいかもしれません。

まとめ

文句の付け所が無いほど美しいiPhoneケースです。

今までいろんなiPhoneケースを買ってきましたが、ここまで良いと思ったのは初めてですね。

天然木なので使っていくとどんどん味が出ていき更に満足度が上がっていくと思います。

他にも幾つか種類があるので買ってみたいですね。

値段も天然素材のケースにしては非常にお安くなっています。

※天然木モデルが有るのはiPhone6/6sのみとなります。

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.