肉厚イヤーパッドで疲れにくい?EpicGear ThunderouZを試す!

ゲームといえばPS4などのコンシューマ機という方も多いとは思います

ですが私はPCのスペックがそこそこ高いのでPCでゲームをすることが多く、ゲームをする際にはヘッドホンを使用しています

ということで今回はまたまたゲーミングヘッドホンを頂きましたのでご紹介です

スポンサードリンク

EpicGear ThunderouZ

今回はEpicGearさんより提供していただきました

外観

_MG_5135
外箱です
箱は結構大きく存在感があります

_MG_5136
外箱裏には日本語でのスペック表記もあり、日本人にも優しい設計となっています

_MG_5138
説明書らしきものはこれしか入ってません
使い方が多国語で書かれています

_MG_5137
もちろん日本語での表記もあります

_MG_5139
裏にはイラストで部品の説明などが載っています
こちらは英語のみの表記ですがイラストがわかりやすいので問題無いですね

_MG_5140
本体はこんな感じです
シンプルで落ち着いた感じのデザインになっています

_MG_5141
頭に当たる部分にはEpicGearのロゴが入っています

_MG_5142
イヤーパッドは結構分厚く、肉厚です
耳が痛くなることは少なく、つけ心地も結構良いです

_MG_5143
耳の部分にはEpicGearのロゴがあるだけで非常にシンプルです

スポンサードリンク

_MG_5145
ケーブルはスリーブ加工された物が使用されています
またヘッドホン側のケーブルは断線防止の為なのか糸がついており、耐久性もしっかりと考えられていることがわかります

_MG_5146
ケーブルの途中にはリモコンがあります
上からボリューム調節ダイヤル、ミュートスイッチ、音楽モード(M)とゲームモード(G)の切り替えスイッチがあります

_MG_5147
接続端子はUSBとマイク端子、ヘッドホン端子です
マイク端子とヘッドホン端子は3.5mmプラグです

USBは電源供給用で挿さなくても使うことが可能です
※ただし挿さない場合はモード切り替え機能が使えなくなります

_MG_5148
ケーブルは3メートルと長めなのでまとめる為のタイと服につけるためのクリップがついています

_MG_5149
マイク端子がないパソコン向けに4極への変換アダプターも付属しています
これは便利ですね

_MG_5202
耳の部分は左4枚の写真のように単色に光るモードと右下のように4色が順番に光るモードが搭載されています
モードの切替は右上の画像のタッチ式ボタン?をタップすることで可能です

ボタンは少し長めにタッチして離した時に切り替わる仕様になっています

音質

低音域

低音域はしっかりと出ている様に感じます
音のキレは良いとは言い難いですが、篭った印象は受けませんでした

中音域

中音域も問題無さそうです
特に音が篭ったり、歪んだりしている感じもなく、自然な感じで聞こえています

高音域

高音域はあまり出ません
シャリシャリした感じがします

音楽モードとゲームモードの音質の違い

音楽モードでは味付けが少ないヘッドホン本来の音という感じですね
ゲームモードに変えると低音域が強化されるかな?と感じました

個人的には音楽を聞くときでもゲームモードで聞くほうが好みです

家でゆっくりしたときに使う用

こちらのゲーミングヘッドホンはコンパクトなものではないので外へ持ち出すと結構邪魔になるかと思います

なので家でゆっくりとしているときに使う用に適してそうです

外に持ち運ぶ場合は小さいコンパクトなものを購入したほうがいいかと思います

まとめ

肉厚イヤーパッドは非常に良い

肉厚のイヤーパッドは長時間つけていても疲れにくく、非常に付け心地がよく感じました

ですが私の頭が大きいだけでしょうが、少し窮屈だったので頭の大きい方は要注意です

音質は好みによるかも?

音質に関しては好みによって分かれそうな音質でした
低温寄りの音質なので低温寄りの音質が苦手な人にはあまりお勧めできません


今回はここまでです
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.