AppleWatchを約1年つかってみて。

IMG_8568
皆さんスマートウォッチは使ってますか?
このブログを見に来てくださってる方は結構使ってる方も多いと思いますが、そこそこ値段のするものなので使ったこと無いよって言う人も多いと思います。
そこで今回はAppleWatchを発売日に予約して即買いした私Lowが、1年間メインの腕時計として使ってみた感想を書いていこうと思います。

スポンサードリンク

AppleWatchで何ができるのか。

Screen Shot 2016-06-17 at 17.36.50
まずスマートウォッチで何ができるの?っていう方も多いと思うので底からまとめていきたいと思います。なんかいろいろたくさん機能があるのでとりあえず皆さんが使いそうな機能をまとめてみました。
今回はAppleWatchでの記事ですのでAndroidWearだとまた異なる可能性があるということをご了承ください。

時刻確認

まあこれは当然といえば当然かも知れませんが、時計機能があります。AppleWatchのメインの画面はこの時計表示の画面になります。ここで時刻とコンプリケーションと呼ばれる天気などのミニウィジェットを表示しておくことができます。壁紙設定できるのでオリジナルの二次元嫁綺麗な写真の時計が作れて便利ですね。

通知機能

まあこれはスマートウォッチの一番の売りって言っても過言ではないと思いますが、iPhoneに来た通知をAppleWatch側で知らせてくれる機能ですね。普通に便利なのですが、学校ではiPhoneの電源を切っているので1日の間で通知機能を使ってる時間は結構少ないですね。

天気予報や株価等の確認

個人的に気に入ってるのが天気アプリですね。あさ家出る前に傘要るかなぁとかをさくっとチェックできます。AppleWatchの時計表示の画面を上にスワイプするとグランスという大きいウィジェットが表示できる画面になるのでそこに天気とか今日の予定とかを表示させています。
あと私がよく使うのは株価アプリですね。株価を見るわけではなく為替レートを見るのによく使ってます。ちょくちょく海外に行ったりするので今日どのくらいになってるかなぁとかチェックしたりするのに便利です。

アラーム、タイマー、ストップウォッチ、ワールドクロック

普通腕時計には当たり前に付いているこれらの機能ですが、AppleWatchでももちろんあります。また、画面の広さやタッチパネルを活用して、複数のアラームのセット、ラップタイムのグラフ表示等普通の腕時計ではできないようなこともできるので便利なときもあります。またバイブレーション機能があるので音を出さなくてもアラームやタイマーに気づくことができます。

スポンサードリンク

アプリケーション

スマートウォッチなのでアプリケーションを入れることができます。標準ではカレンダー、メール、電話等。サードパーティ製アプリケーションだと、TwitterやInstagram、Skype、Evernote等のアプリケーションがあります。watchOS2ではあまり起動速度が速くなく使いにくいのですが普通の時計ではできないようなことができます。watchOS3ではアプリケーションの起動速度がかなり高速化されるみたいなので、活用できる場面が広がりそうです。

フィットネス等機能

AppleWatchには心拍数計や歩数計などがついており、つねに体の状態を監視してiPhoneに送信しています。Activity機能では一日の運動量の合計が見られたりなど日頃どれくらいうごいてるのかがわかり面白いです。

Siri

iPhoneで使ってない人も多いと思われるSiriですがAppleWatchでも使いません(笑)
やっぱなんか機械に向かってしゃべるのってなんか恥ずかしくてできないんですよねww
ただAppleWatchの場合画面が狭くて操作がやりにくいのでカップラーメンのタイマーセットしたい時とかには結構使います。

iPhoneから音を出す。

これ個人的にめっちゃ気に入ってるんですけど、iPhoneってよくどっか行きますよね。鞄の中に埋もれてたり、トイレに置き忘れたり。そんな時にAppleWatchの接続圏内ならAppleWatchからiPhoneに音を出させるボタンが有るんです。個人的に非常に重宝してる機能の一つだったりします。

じゃあAppleWatchのどこが良いのか。

軽い 小さい 操作しやすい
この3つが大きいですかね。
今までG-Shockを使ってきた私からするとAppleWatchはかなり軽く小さい腕時計でした。いままで負担に感じていた腕時計がつけてるのを忘れるくらい軽いので1日中ずっとつけていられます。
操作感ですがこれもG-Shockと比べ、ボタンを押す数とか、視認性に置いて滅茶苦茶有利です。多機能時計が好きな方にはかなりいいと思います。

AppleWatchの悪い点は?

時計が見にくい。
コレに尽きますね。
AppleWatchは全面有機ELパネルなのでうでを振り上げて画面を表示させないと時刻を確認することができません。この時の微妙なタイムラグが結構ストレスになって、アナログの時計が恋しくなったりすることがあります。まあ致命的なほど遅いわけじゃないので基本的には問題無いですwatchOS3で改善するといいですね。
あとたまに夜充電し忘れて朝電池切れてることがあるので充電が面倒に感じる人には向いてないかもしれませんね。AppleWatchの充電はQiみたいにのせるだけなので負担にはならないのですが忘れると最悪です(笑)

スマートウォチは買うべきなのか?

IMG_8571
これはほんとに人によって様々だと思いますが、
・デジタルガジェットが好き
・4万以上するウェアラブルデバイスを買うのに抵抗がない
・上記のAppleWatchの機能を使ってみたい
って言う人は買ってもいいと思います。
多分今年中か来年の前半には新型機が出ると思われますのでそれをまつのもありかとは思いますし、今買っちゃってもありだと思います。

まとめ

だいぶごちゃごちゃと書いてきましたがAppleWatch新製品だけに多少期待してたところがあり、いい意味でも悪い意味でも裏切られた部分はありました。ただ値段相応の機能や性能はあり、個人的には非常に満足しています。皆様もぜひ余裕があるからは購入を検討されては如何でしょうか。

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)