【TGS2018】HPがゲームのサクサクプレイ可能なゲーミングPCを展示、ノートでもゲームができる時代に?

皆さんゲーミングPC持っていますか?
最近のバトロワブームに乗っかってゲーミングPCを買ったという人も少なくはないはず。

今回はそんなゲーミングPCに関連するレポートをお届けします。

スポンサードリンク

TGS2018 HPコーナー

HPさんより招待されてTGS2018のビジネスデイに潜入してきました。
ありがとうございます!

HPゲーミングシリーズ「OMEN」を前面に出したブース

HPさんはパソコンメーカーなので、てっきりビジネスソリューションコーナーにブースを出していると思っていたのですが、ブースの場所はD3パブリッシャーというゲーム会社の隣でした。

写真の左にはCAPCOMもちらっと写っているのがお分かりいただけるだろうか?

HPといえばパソコンのイメージですが、パソコンと言っても今回はゲーミングを前面に押し出している感じでした。

OMENよりお手軽な価格帯の「Pavilion Gaming」のコーナーも

OMENは結構前からあるHPのゲーミングPCブランドですが、お手軽な価格帯の「Pavilion Gaming」のコーナーもありました。

ガッツリゲームをしたいという人はOMENシリーズで良いと思いますが、ついでにちょっとだけゲームがしたいという人は「Pavilion Gaming」がおすすめです。

試遊コーナーではPUBG、フォートナイトなどが試遊可能

PUBG 試遊コーナー

試遊コーナーではPUBGやフォートナイトといった人気タイトルが試遊可能でした。

OMENと言えばこのデスクトップという人も多いのではないだろうか?

OMENといえばこの独特なデザインのデスクトップPCが印象的ではないだろうか?

デザイン性だけではなく性能もかなり高く、ゲーム実況者が使っているのも結構見かけますね。

「君臨せよ。」とかなり強気な紹介ページ

上の写真のPCは「OMEN X by HP Desktop 900-200jp」というモデルだ。

公式オンラインストアページには「君臨せよ。」とかなり強気の紹介ページが掲載されている。

それなりに値段はするが、確かにスペックは高い

値段はそれなりにしますが、Core i7-7740X、RAM 64GB、GTX 1080 Tiというかなりの化物スペック。
さらに、水冷クーラー搭載で、長時間のプレイにも適しているのではないでしょうか?

「君臨せよ。」とか言っておいて散々なスペックだったらDisってやろうとか思っていました、すみません・・・

お値段は約35万円もしますが、36回分割まで金利ゼロでローンを組んで買うこともできるので、3年使うことを見越して36回分割にしてしまえば月々1万円程度とかなり現実的な価格になりますね。

このスペックなら3年は余裕で使えそうなので、分割にしても全然ありですね。

GTX 1080 Ti SLIというオーバースペックなエクストリームモデル

ちなみにエクストリームモデルというさらにスペックを引き上げたモデルもあるので、動画編集などもバリバリこなしたいというYouTuberの方はそっちのほうが良いかも?

CPUがCore i9-7900Xに、GPUがGTX 1080 Ti SLI(2枚挿し)にアップグレードされているので、動画編集などゲーム以外の用途にバリバリ使うことができる。

ちなみに現在はキャンペーン中でハイパフォーマンスモデルが9万円引き、エクストリームモデルが10万円引きされた値段となっている。

購入を検討している人はぜひともキャンペーンをうまく利用して欲しい。

OMEN X by HP Desktop 900-200
上記リンクのHP公式オンラインストアから購入することができます。

ノートPCでもサクサクプレイ可能な様子

デスクトップPCはもちろん、ノートPCも試遊コーナーに並んでいた。

スポンサードリンク

ノートでありながらデスクトップ向けグラボを積むという暴挙に出たノートパソコン

こちらも「超越せよ。」とかなり強気の製品ページ。

「なーにが”超越”だ、この野郎」と思いつつページを見ているとGTX 1080搭載でVR対応しているという化物スペックでした。

最近のノートパソコンってこんなに性能高いの?
おじさん知らなかったよ・・・

それなりにお値段もしますが、それでもノートPCでVRも楽しめるというのは非常に魅力的ではないでしょうか?

ゲーマーはもちろん、VRアプリの開発者などにもおすすめですね。

しかも、モニターのスペックがまたすごい。

下位モデルのOMEN by HP 17-an000がリフレッシュレート120Hz対応、上位モデルのOMEN by HP 17-an100が144Hz対応の液晶が搭載されています。

実際に展示されていたのは144Hz対応のOMEN by HP 17-an100シリーズでしたが、カクつくことなくPUBGをプレイできていたので、ノートパソコンとは思えない性能でした。

そりゃお値段も20万前後とかなりしますが、持ち歩けるゲーミングPCと考えるとコスパはかなり良いはず。

OMEN by HP 17
上記リンクのHP公式オンラインストアから購入することができます。

クソデカ4Kゲーミングモニター

クソでかい65インチ 4Kのゲーミングモニターも発売予定?

こちらは参考出展となっていましたが、クソでかい4Kゲーミングモニターも展示されていました。

「65インチってでかすぎない? うちにあるクソデカテレビでも50インチだし、いま記事を書いてるこのクソデカモニターでも43インチだよ? バカなの?」

とか思いましたが、実際にゲームをプレイしているところを見ると「割とありだな」と思ってしまいました。

テレビを見ないという人からすれば、テレビ機能のついていないモニターでデカイやつってなかなか売ってないので、意外と売れるのかも?

Amazonプライムとか契約しておけば好きな番組見れるし、ありかもしれないですね。

この前発売されたFire TV Stick 4Kとか挿せばスマートテレビっぽく使えるし、思ったより使い勝手いいかも?

かわいい

モニターと直接関係ないですが、モニター用に置いてあったゲーミングデスクトップのちんまりした感じかわいい。

ちなみに、こいつもかなりスペックが高いみたいです。
このちんまりした筐体にGTX 1070かGTX 1080 Tiを積めるというスペック。

ちんまりしたとか言っていますが、実際はミニタワーくらいのサイズなので、PS4 2台分くらいの大きさです。
とはいえ、バリバリのゲーミングパソコンとしては小さいですね。

海外で大人気「HP Sprocket Printer」が日本上陸か?

海外で大人気のモバイルプリンターも参考出展

海外で大人気なモバイルプリンター「HP Sprocket Printer」も参考出展されていました。

一時期、女の子の間で流行った「チェキ」のスマホ版という感じの製品で、スマホで撮った写真を無線経由で外でもプリントできます。

旅行の思い出をその場で印刷、普段の生活で何気なく撮ったベストショットを部屋に飾るために印刷。

そんな「ちょっと印刷」が簡単にできる面白い製品です。

国内では販売されていない製品ですが、製品の横には日本語で書かれたチラシも・・・

販売時期などの詳しいことは全く告知されていませんでしたが、日本上陸の可能性が高いと考えて良いんじゃないでしょうか?

O麺?

OMEN?O麺?

試遊するとOMENとマルちゃん正麺がコラボして誕生した「O麺」と「モンスター キューバリブレ」が貰えました。

HPさん何やってるの・・・って感じですが、面白いですね!

ちなみにモンスター キューバリブレはコラボパッケージとかではなく、普通のだったので担当の方に「コラボパッケージじゃないんですねー」と聞いたところ「OMENのイメージカラーと似てるんで配ってます!」という返事をいただきました。

なるほど・・・なるほど?

HPと言うとビジネス向けが多いイメージで勝手にお硬い企業だと思いこんでいましたが、そのへんは結構ラフな感じで楽しかったです。

何がともあれ楽しかった

TGSのビジネスデイは初めてでしたが、人が少ないこともあって、普段お世話になっている企業さんとお話できたりとかなり楽しかったです。

今回はHPさんのブースにお邪魔しましたが、ゲーミングPCに力を入れていることが感じ取れるブースになっていました。

この記事ではブースに展示されていた製品の一部に触れましたが、実際は15台くらいハイエンドゲーミングPCが置かれていて、さらにプロゲーマーによる大会も開催するなど、HPさんの本気度が見られました。

「PCゲームに興味はあるけど、どれを買えばいいの?」
「スペックとかよくわからんけど、買うならカッコよくて強いやつが欲しい」
「動画編集、最新ゲームをサクサクこなせるモンスタースペックマシンが欲しい」

そんな人はHPさんのパソコンを検討してみてはいかがでしょうか?

OMENシリーズはモンスターマシン揃いで、何を買っても間違いはないかと思います。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.