無線だから遅いとは言わせない!急速充電対応の無線充電パッド!

普段スマートフォンを充電する時はケーブルを使っている方が多いと思います。

ですが、現在では「無線充電」という便利なものがあります。
無線のため、物理的にケーブルと接続する必要はなく、充電パッドの上に対応するスマートフォンを置くだけで充電することができます。

そんな手軽な無線充電ですが、速度が遅いのが難点だったりします・・・

今回はそんな無線充電の不満を解消してくれるかもしれない、急速充電対応の無線充電器のご紹介です。

スポンサードリンク

無線充電とは

無線充電規格「Qi」

無線充電器規格のQiは当時バラバラだった無線充電の規格を統一するために生まれた規格です。

このQiは国際規格で、世界のあらゆる国で使用されています。

日本ではDocomoがQi準拠のワイヤレス充電機能を「置くだけ充電」と呼称し、使用しています。

日本では対応機種が少ない?

実はこのQiは日本では対応機種が非常に少ないんです。

というのもDocomoが「置くだけ充電」という名前で売り出している”だけ”なんです。
auも置くだけ充電という名前で機種は少ないですが展開していました。

Docomo以外の他社は無線充電対応機種をほぼ出していないことから国内では力を入れていないのかな?と思わせますね・・・

国内での対応機種

Galaxy S7 edge SCV33
Galaxy S7 edge SC-02H
Galaxy S6 edge SCV31
Galaxy S6 edge SC-04G
Galaxy S6 SC-05G
TORQUE G02
TORQUE G01
URBANO L03(※ワイヤレス充電モデルのみ対応)
URBANO L02
Optimus it L-05E
ELUGA P P-03E
AQUOS PHONE ZETA SH-06E
ARROWS Kiss F-03D
F-03D Girls’
ARROWS Kiss F-03E
F-09D ANTEPRIMA
MEDIAS X N-04E
ELUGA V P-06D
AQUOS PHONE slider SH-02D
Q-pot.Phone SH-04D
AQUOS PHONE EX SH-04E
AQUOS PHONE st SH-07D
AQUOS PHONE f SH-13C
ARROWS X F-10D
MEDIAS PP N-01D
ELUGA X P-02E
AQUOS PHONE ZETA SH-09D
SH-05D

Qiには急速充電に対応したものもある

実はQi充電対応端末にはケーブルで繋いで有線で充電すると時間がほとんど変わらない急速充電に対応している端末があります。

Galaxy Note5
Galaxy S6
Galaxy S6 Edge
Galaxy S6 Edge+
Galaxy S7 Edge
Galaxy S7

となります

以上の端末ではQiでの急速充電に対応しています。

その速度は急速充電規格であるQuickCharge 2.0(QC2.0)とほぼ同等だとかどうとか!

かなり早いですね・・・

eleKiss Qi FAST ワイヤレスチャージャー

株式会社クロスポートさんよりご提供頂きました。

外観

_mg_5705

外箱です。
非常にシンプルで、「FAST」(速い)がアピールされていますね。

_mg_5707

箱の裏にはスペックが書かれています。
出力は5V 2Aのモードと、9V 1.8Aのモードがあり、後者が急速充電のモードとなっています。

_mg_5708

内容物は本体とMicroUSBケーブルのみです。
説明書は特に入っていませんが説明書を見なくても使い方はわかるので問題なしですね。

スポンサードリンク
_mg_5710

本体は横から見ると少し傾斜がついています。
少し傾斜がついているので通知などが来ても見やすいですね!

_mg_5711

底面にはスペックの印字とその周りにゴム足がついています。
ゴム足が付いているのでスマートフォンを載せたくらいでは動いたりはしません。

_mg_5712

大きさ比較に対応機器ではないですがiPhone5を載せてみました。
サイズは少し大きめですね。
ですがそこまで大型というわけではないので置き場所に困るということはなさそうです。

ACアダプターは別売り

この急速充電対応充電器は急速充電をする際にQuickCharge 2.0(QC 2.0)対応のACアダプターを使う必要があります。

そのため対応のアダプターをつけるとかなり値段が上がってしまうのでACアダプターをあえてつけていないのだと思われます。

ですがそれにより、かなりコストダウン出来ているのでそこはすごくいいですね。

急速充電する必要がない場合は家にある安い充電器などでも事足りる可能性もあるのでセットにせず別売りにしているのは個人的に好きです。

QuickCharge2.0対応のACアダプター

急速充電非対応の機種にも使用可能

Qi対応だけどQiの急速充電充電には対応してない機種でも従来どおりQiによる充電が可能です。

急速充電機能はついていますがNexus4やNexus5、Nexus7(2013)などの急速充電非対応機種にも対応しています。

ですが、その場合は給電モードが5V 2Aに切り替わるので充電スピードは変わらないです。

発熱には注意!

Qiによる無線充電という時点でスマートフォン本体と充電器本体は発熱しますが、この充電器で急速充電を行うとさらに充電中に発熱しますので気になる場合は後ろからUSBファンなどで軽く冷やして上げるといいかもしれません。

またアルミ製のケースなどをつけていると充電できないばかりか発火の可能性がありますのでご注意ください。

まとめ

Galaxy S7 Edgeを持っている人はぜひとも使って欲しい!

最新機種であるGalaxy S7 Edgeを持っている人にはぜひとも持っていただきたいです!

有線での充電も良いですが、無線充電であれば充電のし忘れ等も少なくなると思います。

今後のGalaxyには搭載される?

つい最近海外で発売したGalaxy Note7にも搭載されているので今後のGalaxyには搭載されることが予想されます。

現在Galaxyを使っていて今後もGalaxyを使うつもりの人は買っておいて損はないと思います。

今回はここまでです。
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.