本当に「ガチ」でやってる?ガチ装備でガチマッチを楽しむために買った物をご紹介!

皆さんSplatoon2してますか!

私もついこの間、Splatoon2同梱版のSwitchを定価で手に入れることができたので、暇な時にはSplatoon2を楽しんでます!

Splatoonというとみんなでワイワイ「レギュラーマッチ」でのナワバリバトルもいいですが、ランク10で解放される「ガチマッチ」も楽しいですよね!

私はSplatoonエンジョイ勢なので「ガチマッチで元S+ 弱いやつに興味なし」とかは言えない立場ですが、やはりいい環境でゲームしたいですよね!

ということで今回は私がNintendo Switchをガチで楽しむ為に購入した周辺機器とSwitch周りの環境をご紹介です!

スポンサードリンク

モニター

Switchといえば携帯ゲーム機でありながらテレビにも出力できるというのが特徴ですよね!

実際外で少しやる程度であれば携帯モードでも問題ないのですが、家でゆっくり長時間プレイするとなると7インチの画面じゃきついものがあります・・・

ということで私は、モニターに出力してプレイしています。

Switchに使用しているモニターはPCに使っているモニターのうち、1つをSwitchと切り替えて使っています。

もともとはPCで縦モニターが欲しいということで購入したモニターでHDMIが搭載されていて、なおかつ23インチ程度というかなり適当な条件で安いのを購入しました。

WEBページは縦長が多いですし、ちょっとしたコーディング時にも縦モニターって便利なんですよね・・・

普段は縦で使っていますが、たまに横で使うこともあるので、ガス式のモニターアームを使用しています。

グリーンハウスのコスパが良いガス式モニターアームもモニターと合わせて購入しました。
5000円程度でありながら、性能は十分でモニターをしっかりと保持してくれます。

Switchで遊ぶ時は横、PCで使う時は縦と使い分けています。

HDMIセレクター

先程SwitchをPCに使うモニターの1枚に出力すると書いていましたが、モニターにはHDMIが1つしかなく、PCとSwitchで取り合いになります。

使うときだけ挿し替えればいいと言わればその通りですが、面倒くさいのでHDMIセレクターを購入しました。

現状2系統を1つのモニターに切り替えて出力したいだけなので、安くて条件に合うものを購入。

最大3つの入力を切り替えて使うことができるセレクターです。
怪しげな雰囲気の商品ですが、それはそれで楽しそうなので購入してみました。

届いた商品が不良品だったのか1と3のポートに挿すと使えるのですが、2のポートだけは挿しても認識すらしてくれませんでした。

私の用途的にはPCとSwitchの切り替えだけだったので良かったですが、3つの入力を切り替えたいと思っている人は良くレビューを読んでから買うことをオススメします。

スピーカー

Splatoonって意外とBGMなどにも凝っていて、オシャレな曲が多いんですよね!

ですが、そんなオシャレな音楽もSwitch本体のスピーカーやモニターのスピーカーだとオシャレ度半減なので、良いスピーカーでプレイしたいと思い、普段PCで使っているスピーカーに接続して遊んでいます。

スポンサードリンク

PC周りの電源タップが全然足りなかったので、USB電源でそこそこ良い音質の物を探してコレを購入しました。

USB電源の中では結構ハイエンドに分類されるJBL Pebblesです。

買ったあとに知ったのですが、PCとUSBで接続するとUSBから電源と音を供給されるので、ステレオミニケーブルで接続する必要がありません。
なのでPCに繋いで使う時はUSBで接続するだけで音が鳴るので、配線が非常にスッキリします。

ちなみに、USBでPCと繋いでいてもステレオミニジャックに何かが接続されている時はステレオミニジャックの入力が優先されるので、Switchをプレイする時はスピーカーとSwitchをステレオミニケーブルで接続するだけで簡単に高音質でプレイできます。

ということで早速繋いでプレイすると謎のノイズが発生。

スピーカーから気にしなければどうにかなるとか言うレベルではない程の「ブー」というノイズが・・・

スピーカーは諦めるかと思ったのですが、諦めきれなかったので「ノイズを消すやつ」を購入。

「ノイズを消すって言っても大したことないだろ」と思っていましたが、いい意味で裏切られました。

原理はフェライトコアと同じなんですかね?
とりあえずノイズがかなり減り、スピーカーに近づいて耳を澄まさないと聞こえない程度のノイズになりました。

有線LANアダプター

Switchは携帯ゲーム機でもあるのでネット接続は基本的に無線で行います。

PS4には有線LANポートが搭載されていますが、Switchではテレビに出力するドックにも有線LANポートがなく、有線で繋ぐにはUSB有線LANアダプターが必要とのこと。

ということで、100Mbps対応の有線LANアダプターを購入。

Switchでも動作確認済みで安心できるものを買いました。

USB2.0でしかも100Mbps対応の物を買ったのは、家の回線とSwitchの特性が理由です。

SwitchのドックのUSBはハードウェア的にはUSB3.0対応ですが、現時点ではUSB2.0にしか対応していないのでUSB2.0で十分。
家の回線が100Mbps契約で実測50Mbps程度しか出ないので100Mbpsで十分という判断をしました。

1Gbps契約の方であれば、今後、アップデートでUSB3.0に対応することを見越して、USB3.0の1Gbpsの有線LANアダプターを購入してもいいと思います。
ですが、ゲームをプレイする上で大事なのは応答速度なので、1Gbps対応であっても大幅な環境改善にはならないかと思います。

ちなみにドライバーのインストールなどの面倒な作業は必要なく、SwitchのドックのUSBに挿すだけで使うことができます。

まとめ

私がSwitchをガチで遊ぶために本体やソフト、ケース以外にかけた総額は・・・

28,314円

元から持っていた物も含むので、正確な金額ではないものの、結構かかっていました・・・

皆さんもここまで揃えるかは別として、有線LANアダプター等、不満のある場所は環境を整えても良いのではないでしょうか?

ちなみに、私は環境を整えすぎたせいでラグや環境のせいに出来ず、プレイヤースキルが低すぎることを嫌というほどわかってしまったので、まだしばらくナワバリバトルに篭っておきます・・・

今回はここまで
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)