「まさかこんなはずじゃ…」輸入トラブルに遭ってみた!? ~Lumia1020返送記録~

どうもこんにちは。Thinkでございます。

私Thinkは過去記事などを見てもらえると、わかってもらえるでしょうが大の輸入好きな人です。

個人輸入に関しては様々なメリットも有りますが、少しのリスクが伴なることは過去記事に記載していましたが、今回私はなんと輸入トラブルに巻き込まれてしまいました!(そんなに喜べない。)

というわけでその経過を記載していきます。序盤は特になんとも思ってなかったので、スクショなしです。

[adsense]
スポンサードリンク

まさかわたしが引き当てるなんて…

というわけで貧乏くじ引き当ててしまったのですがその経緯を紹介します。

注文

今回はこちらの店舗にてLumia1020を購入しました。

購入店舗

購入店舗

Lumia 1020購入元

まずLumia1020なのですが、欧米4G版・EU4G版・中国3G版の三種が主に存在しています。日本にて4Gをまともに使用できるのは、EU4G版のRM875という機種。

しかしこの販売店ではどこの商品を送ってくれるかは記載されていませんでした。そこで私は出品者に「ここからRM875って買える?」みたいなことを聞いたら、「購入時の自由記入欄にどの機種がほしいか書いてくれれば、対応するよ。」と返してきてくれたのでここで購入を決意しました。

しかしEU版は他の店舗ではだいたい20~30ドル高いので、大丈夫かと心配だったもののまあちゃんと返信帰ってきているあたり大丈夫でしょと思って注文。

しかしこれが悪夢の始まり。

なぜか長い発送までの時間

通常AliExpressの店舗では大体1~3日の間に商品出荷がされる。しかしこの店舗。何故か1週間くらいで出荷されて、到着したのはだいたい3週間後…

一様規定的には問題無いのだが、どうも遅い。この時はただただ楽しみに待っていただけだったから良かったのものの…

到着したものの、別製品…

そして到着しましたLumia1020。

そんな感じで喜んでいたのもつかの間、4Gにつながらない

RM877が届いてしまった。

RM877が届いてしまった。

あ。あァァァんまりだァァアァ(泣)

しかもなんかカラカラ音がする

こんな感じで内部で暴れまわっている何か。この時点で普通の不良品なので返品したいものですね。しゃかしゃか(泣)

※後日分かりましたが、コレはLumia1020の仕様らしいです。(ボールベアリング)なんかいい感じになるそうです。どうやらコレを知らせる紙がはいってるそうなのですが、リファービッシュ品で入っていなかったため誤認してしまいました…

返品対応をやってみた

というわけでとりあえず返品対応。

AliExpressのMy Orderの所にある自分が注文した商品。そこにあるOpen Disputeを開きます。

注文履歴画面

注文履歴画面

そしてメッセージを送っていくのですが、いろいろ長いので要約。
~~~
私「おいこの商品別もんやで。しかも壊れとるがな。」

スポンサードリンク

店主「ごめんね。次の注文ではおまけするから許してね。」

私「いや。私の国やと4Gつかめへんし、しかもこれ不良品やんけ!交換してな!」

店主「わかったよ。じゃあこの規約にそって返品してね。」

私「じゃあ書いてある通り、EMSでいいか?」

店主「EMSはやめて。通常郵便にして。」

(EMSでいいって書いたるやろ…私キレかけ)

私「わかったわ怒 じゃあおくるし、名前と住所教えて。」

店主「はいよー。」
~~~

こんな感じで返品まで至りました。

返品手続き

最寄りの郵便局に行って、返送手続き。と言っても通常の国際郵便の書留で送るだけなんですけどね。

その際にはCN22という物を書く必要があるので事前にチェックしておくこと。

詳細はこちらから。 参考リンク: 日本郵便 税関告知書について

大体値段が1000円位。無駄な出費…返ってくるのかなぁ。

返品中に遊んで見る

一緒に別の出品者から頼んでおいたケースです。コレにカッティングシートをペタペタしてレトロカメラ風に…

あぁ早く帰ってきてほしいものです…きちんと送れてたら良いのに…

なぜか届かない商品。

というわけで返品した商品。5月に入りましたが受け取った報告がありません…

どう考えてもおかしいよ…Post Trackingでは1週間前に到着済みになってるのに…
というわけで出品者に連絡。

私「もう届いたってなってるけどどうなってるねん(# ゚Д゚)」

店主「そんなこと言ってももらってないし。」

私「たしか住所書いたけど、店主ってマンション住みだよね。マンションの管理人受け取ってない?」

店主「そんなわけねーじゃんwww」

私 (もしかして別の家に届いてしまったのか…)

~一日後~

店主「今日届いたで。」

私 (絶対管理人のところにあっただろ…)

返送まで2週間

というわけで店主の元にはつきました。

しっかし性懲りもなくまた音沙汰無い… もうなれたよ…

というわけで店主に事情聴いたら「最近忙しいから、また時間あるときに送るよ~」

お前はオクの個人売買人かなにかか?ほんとによくわかんない。

というわけで待つこと二週間…

店主から「送ったよ。番号はコレね。XXXXXXXXX」

というわけでやっと帰って来そうです…

やっとこさ帰ってきた。

というわけで発送報告から5日くらい経ちました。

同じ箱ですね。見覚えがあります。どうも中国にいる人が経営してて、発送倉庫はシンガポールにあるようです。そのせいでプロセスがおっそろしく遅いんですね。

もちろんRM875です!これでまともに使える…
相変わらずしゃかしゃか鳴りますけど、これさっきも言いましたが仕様らしいですね。


あとお遊びで使ったアレもいい感じにマッチしております。

到着後のお話

到着したので店主に連絡しました。

これにて終了です。お疲れ様でした。

最終的には結局+1000円で商品交換出来た形になりますね。これならまだ良かった方です…(途中で送り返すのに3000円振り込んでね♡って来た時は、キレてなんとか無料になりましたが…)

今回のように個人輸入は手軽になりつつある現場ですが、やはりトラブルもつきものです。しかも店主はだいたい下手には出てこず大口を叩きます。(海外はだいたいそんな感じで、日本が異常です!)
今回は反面教師のような形ではありますが、個人輸入におけるトラブルを紹介しました。みなさんも気をつけて良い輸入ライフを!

当ブログは、技術基準適合証明を受けていない通信機器や違法商品の利用を勧めるものではございません。もし使用国の法律に反し使用しても、著者・当ブログ管理人は責任を負いません。
スポンサードリンク

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)