スマホ最強カメラ搭載!HTC U11のカメラ性能をチェック!

ついにお待ちかねのカメラ編です!
スマホ最強カメラ搭載のHTC U11のカメラ性能を、個人的に好きなNexus 6Pのカメラとの比較も含めて、チェックしていきたいと思います。

DxOMark最強のカメラの性能はいかに・・・

写真の綺麗さもそうですが、明暗の激しい場所の写りにも注目です!

※この記事で使用している端末は、HTCサポーターズクラブのキャンペーンで、HTCさんからHTC U11をお借りしたものです。

スポンサードリンク

カメラスペック

まずは軽くカメラスペックの振り返りです。

12MP (HTC UltraPixel™ 3 with 1.4μm pixel)
ウルトラスピード・オートフォーカス
裏面照射型 (BSI) センサー
多軸制御光学手振れ補正 (OIS)
ƒ/1.7 aperture
デュアルLEDフラッシュ
10秒までのタイマー
顔認証
プロモード(マニュアルコントロール、32秒長時間露光、RAWフォーマット)
HDRブースト
パノラマ撮影
ハイパーラプス撮影
スローモーションビデオ (1080P@120fps)
4Kビデオ撮影(3Dオーディオ・Hi-Resオーディオ・音声フォーカス)
ビデオ撮影時の静止画撮影

ざっとこんな感じです。
大きめのピクセルサイズとF1.7の明るいレンズ、HDRブーストなどでかなり快適に撮影することができます。
地味な点ですが、スローモーション動画を1080pで撮影できるところもポイントです!

HTC U11 カメラ作例

※ご飯多めです

牛丼

400円ほどの牛丼です。
特に高いご飯というわけでもないのですが、非常に綺麗に写っていて美味しそうですね!

公園でビール

休みの日に公園でビールを飲みながら、作例を撮影するおじさん2人の様子です。
この写真では撮影した側から日差しがさしていて明暗が結構あったのですが、綺麗に写っています。

公園のあじさい

公園のあじさいです。
背景が程よくボケていい感じになっています。
ですが奥の光が少し明るすぎかもしれません。

Nexus 6Pで撮影

Nexus 6Pでも撮影しました。
場所は変えずに同じように撮影したのですが、Nexus 6Pのほうが少し画角が狭いようであじさいが大きく写っています。
Nexus 6Pは全体的に暗めですが、U11が少し明るすぎるのでちょうど良いかもしれません。

公園の池

公園の池を適当に撮影しました。
夕方の時間帯で太陽が傾いているので、どうしても明暗が激しくなる場面ですが、黒潰れや白飛びなく撮影できています。

公園の池

なんかすごくいい感じに撮れました。
普通に旅行写真に見えますね!

Nexus 6Pで撮影

Nexus 6PはやはりU11よりも暗めに写ります。
ですが、これはこれで肉眼で見た感じに忠実で、綺麗も感じるんですよね・・・
甲乙つけがたい結果となりました。

明暗が激しい場所で撮影

こちらも明暗がかなり激しく、肉眼だと池が眩しいくらいでしたが、なかなかうまく表現できていると思います。
流石に手前の柵の辺りは暗くなっていますが、それでもスマホだと考えれば十分すぎる写りです。

蝶をズームして撮影

蝶が止まっていたのでズームして撮影してみました。
流石にノイズが目立ち、のっぺりした感じの写真になってしまいました。

一面の緑

草が生い茂る緑の壁に、花が咲いていたのでパシャリ。
ピントの合っているところの解像感と背景のボケがたまりません。

Nexus 6Pで撮影

Nexus 6Pでもパシャリ。
U11よりも暗めに写りましたが、こちらのほうが肉眼に近いです。
色味も肉眼で見た感じに近いので、Nexus 6Pは忠実に再現するのは得意かもしれません。

逆光環境で撮影

日差しが向こうから入っているような逆光環境で撮影しましたが、暗くなりすぎず、しっかりと写っています。
明暗が激しい場所での撮影にはかなり強いです。

これでもかというくらいの逆光

どうせならもっと!ということでこれでもかというくらいの逆光環境で撮影。
流石に左の辺りなどは黒く潰れているように見えますが、悪くない写りです。
逆に言うとここまで適応できるのは素晴らしいと思います。

公園の花

花が咲いていたので撮影。

さらに近づく

更に近づいて接写してみることに。
かなり近くまでピントが合うようです。
色味は現物より少し色鮮やかなイメージを受けました。

HDRあり

HDRなし

続いてHDRありとなしで撮影してみました。
HDRなしだと黒く潰れている部分がありますが、HDRありだとかなり改善されていることがわかります。

スポンサードリンク

駅前で信号待ち

駅前で信号待ちしているときに、なんとなくパシャリ。
ブレとか気にせず適当に撮影したにも関わらず、大きなブレはありません。

上の写真を拡大

上の写真の中心部を切り抜いてみました。
かなり遠くの看板の文字も読めるくらいに写っています。

ビフテキ丼

美味しかった。

ローストビーフ丼

この山盛り感が好き。

チャーハン

米の表面のテカリ具合がすごい。
夜にこの記事書いてるんですが、普通に腹減りました。

ビックサイト

晴天の日のビックサイトです。
イベントとかではなくお仕事で行きました。

ついに完成した梅田ヨドバシへの連絡橋

ついに大阪駅から梅田ヨドバシへの連絡橋が完成しました!
夜に撮影したので明暗差が激しいにもかかわらずこの写り。

公園っぽいとこ

夜行バスに乗る前に通った公園っぽいとこをパシャリ。
肉眼では奥の方暗くて、よく見えなかったんですが、U11だと結構明るく写りました。
幽霊とか写ってないよね・・・?

カレーセット

写真が綺麗すぎてインスタグラムを始めようと思うくらいには綺麗です。
お陰でTwitterにご飯画像を投稿するだけのBot化していました。

親子丼

結構明るめの色だったので白飛びするかなと思いましたが、大丈夫でした。
蓋で暗くなっている部分も黒潰れせずにいい感じです。

ドトールのサンド

お手軽な朝ごはんでさえもこれ。
インスタ好き女子の気持ちが少しはわかったかも?

晴天の海

(ほぼ)晴天の海です。
非常にきめ細やかで解像感が良い。
ちなみに魚釣りに行ったのですが、残念ながら1匹も釣れませんでした。

夕暮れの川

夕暮れの川の対岸をパシャリ。
暗いのでノイズは多くなりましたが、見れないほどではないですね。
ちなみに海釣りが駄目だったので川に行ったんですが、結局ハゼが数匹釣れただけでした。

やっぱりスマホカメラの作例と言ったらこれでしょ!
ということで肉です。
このテカリ、肉汁感、良さしかない。

500円ピザ

1枚500円の激安ピザです。
窓際の席で、店内は暗く、外は明るい状態だったので光の加減はあまり良くなかったですが、いい感じに撮れました。
全体的に少し暗めですが、そこまで気になりません。

ライトアップされたホテル

ライトアップされたホテルです。
流石に明暗差が激しすぎて白飛び、黒潰れが目立ちます。

HDRが超早い

HTC U11で写真を撮っていて思ったのがこれです。

HDRの処理がすごく早く、本当にHDRオンなの?って感じるくらいです。
Nexus 6PはHDRの処理が早いときは早いのですが、遅いときは遅く、処理時間にばらつきがあるのに対して、HTC U11は全くラグなしという感じです。

安定して処理が早いので連写できちゃいます。

超暗所だとNexus 6Pの方が良かったり?

基本的にU11のほうが明るく写るのですが、すごく暗い場所だとNexus 6Pのほうが明るく写ったりもします。

Nexus 6Pで撮影

U11で撮影

真っ暗な状態の自室で撮影した写真ですが、Nexus 6Pの方が明るく写っています。
ここはピクセルサイズの勝利というべきでしょうか?

といっても、U11もかなりピクセルサイズがでかいので、どんぐりの背比べと言われればそれまでですが・・・

まとめ

コンデジの需要を食ってしまいそうなキラーデバイス

「スマホよりも少し綺麗に撮りたいからコンデジ・・・」
という需要を食ってしまうキラーデバイスですね。

ズーム時の画質や暗闇でのノイズ量などコンデジが勝る点も多くありますが、スマホでこれなら十分過ぎません?

ブログに載せる写真ならU11で十分だし買おうかな・・・

DxOMark最高得点も納得

DxOMark最高得点も納得の性能のカメラでした。

私が愛して止まないNexus 6Pのカメラを凌駕するものがあると感じました。

大げさに言い過ぎだと言われればそんな気もしますが、実際すごく綺麗な写真が撮れるので、カメラで踏みとどまってる人は今すぐ買いましょう!

今回はここまでです。
ではまた!

コメントをどうぞ!(名前とメールアドレスの入力は不要です)